« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月31日 (日)

8.30川内原発再稼働ハンタイ!にしくロングラン署名行動

浄心駅交差点で16時から18時半まで、川内原発再稼働反対の街頭
アピールと署名行動、そして広島はじめ各地豪雨災害の救援募金の
お願いを訴えました。

Dscn6656


西区後援会のみなさんとわしの恵子市会議員、総勢36人で入れかわり
立ちかわり、マイクを持って、署名板を持ってまちゆく人たちに呼びかけ
ました。

Dscn6669

川内原発の地元、薩摩川内市で行われたアンケートでは再稼働反対は
85%にのぼる、原発ゼロで三度の猛暑を乗り切った、3.11を終ったことに
させない、と訴えると、道ゆく人が次つぎ足を止め、59筆の署名が集まり
ました。

Dscn6685
カクサンTシャツも登場!

Dscn6660_2

また広島はじめ豪雨災害の救援募金には、通りがかった男の子が財布
を開いてじっと考えたあと、お小遣いからカンパをしてくれました。また、
一度通り過ぎてしばらくしてから戻って来て協力してくださった方も。
募金は18,294円集まりました。みなさん、本当にありがとうございました!
いただいた募金はかならず被災地に届けます。
「がんばって!」「応援してるよ!」など、はげましもたくさんいただき感謝!

この日、国会前では首都圏反原発連合主催の川内原発再稼働反対の
大集会が行われ、参加者は7000人と報道されました。
どこまでも民意に背を向ける安倍政権に特大の抗議を!


安倍政権は原発やめろ!やめられないなら首相をやめろ!

2014年8月27日 (水)

旧西区役所跡地は住民のために

4年半に渡って放置されている旧西区役所跡地の有効利用について、
「住民の会」のみなさんとわしの恵子市議といっしょに西区長に申し入れ
をおこないました。

これまでも住民アンケートをつのり、「高齢者福祉施設を作ってほしい」
「保育園や子育て支援のスペースがいい」など、みなさんの声を西区長、
河村市長に届けてきましたが、今回の申し入れで初めて熊崎西区長が、
名古屋市の第6期はつらつ長寿プラン計画として跡地に特養ホームを整備
する方向で検討が進んでいる、決まれば27年度から入札が始まる、と明らか
にしました。

わしの恵子市議、住民の会代表は
アンケートに寄せられた声にもとづいて
「保育園や市民に開かれたスペースとしてコンベンション機能の併設もぜひ
視野に入れてほしい」と要望しました。
ひきつづき、住民のみなさんと共同をひろげ、オープンな議論のなかで跡地
利用に住民のみなさんの要求が反映されるよう頑張ります。

Dscn6636

Dscn6634_2











広島・各地豪雨災害へ救援募金のお願い

きのうの朝は西区浅間町駅まえで、わしの恵子市議と後援会のみなさん
とご一緒に、広島はじめ各地の豪雨災害の被災者の方々へ救援募金の
ご協力をと呼びかけました。

朝の通勤ラッシュのなか、何人もの方が足を止めて募金に協力して下さり
感謝です!
みなさんからの義援金は共産党中央委員会を通じて、被災地に責任を
持って届けます。

災害に会われた被災者の方々には心よりお見舞いとお悔みを申しあげます。
引きつづき、街頭での救援募金活動を続けます。

Dscn6599

Dscn6600


2014年8月22日 (金)

平和をさけぶ夏「新婦人西支部・平和教室」

「戦争の悲惨さを今こそ語りつがねば」
語り部を囲んで、戦争体験を聴く会がいま全国でいっそう広がっています。

地元西区での空襲体験をもつ85歳の女性Tさんに、学区の60人の子ども
たちといっしょにお話しを聴かせていただきました。

学徒動員の軍需工場で働かされた経験や、機銃掃射で追い回された父親
のこと、
防空壕の爆撃で吹き飛ばされ、ナパーム弾に焼かれて40人以上の級友が
殺されたこと、
撃墜された米軍機から息絶えた米兵を引きづり出して、手に手に恨みを
こめて石を投げつけていた大人たちのこと、
衣服をはぎ取った人が口にした「まだ子どもだ、、、」という言葉をTさんは
今でもはっきり覚えている、 、、、
凄惨な体験が次々に語られ身震いがしました。

戦争は
「殺し殺される」「人が人でなくなる」それは現実なんだ、あらためて
実感させられました。

「こんな悲惨な経験はわたしたちで最後にしなければ」

戦争体験者の願いはしっかりと次の世代に受けつがれている、Tさんの
お話に真剣に聴きいる子どもたちの表情を見ていて、そう感じました。
わたしもそのひとりとして平和の願いをしっかり受けつごう、心に強く刻み
ました。

Dscn6502

平和をさけぶ夏

今年は終戦を迎えて69年目。
安倍政権、軍国主義復活の危機のもとで迎えた夏です。
いまこそ平和を、憲法を守ろうと今日も西区を駆けまわります。


Dscn6466


昨年と同様、8月15日の終戦追悼式典のなかで「不戦の誓い」も
「侵略への反省」も口にしなかった安倍首相。
そして8月6日の広島、9日の長崎の被爆者追悼式典を、使いまわしの

「コピペあいさつ」で済ませた総理大臣。

「もうこんな首相はつくづくゴメンだ!」心底そう思いました。

被爆者や遺族たちの思いを踏みにじり、平和憲法壊して国民のいのちを
危険にさらす、
こんな政権は退場だ!そんな思いでマイクを持ち、
駅頭で路地裏でまちかどで訴えれば沿道の方たちの反応も日ごとに熱く
なってきます。署名に応援に、道行くひとが応えてくれます。


Dscn6460


Dscn6464


「安倍はノー!」「戦争はノー!」それが街のリアルな声です。

2014年8月 9日 (土)

バラ色のリニア!?【現地調査と懇談交流会】その②

現地調査に続いて懇談交流会が開かれました。

Dscn6429_3


佐々木憲昭衆議院議員は
「とにかく聞こえてくるのは
寝耳に水という声ばかり」
と、突然浮上したリニア計画にどの沿線住民からも驚きと
不安の声が寄せられる、 国は「公共事業ではないので
JR東海に
説明義務はないという姿勢だが、首相はアメリカ
にリニアを売り込み、
国家プロジェクトさながらの扱い
用地買収や不動産取得の減税措置など税金投入の恐れも
ある」と報告。


Dscn6433_2


たつみ孝太郎参議院議員はこれまでリニアを4回に渡って
委員会で質問、「そのたびに委員会が
凍りつく」、
リニアに賛成の与党議員らから 「
計画の中身を全然知らなかった
と告げられるなど、
国民不在でロクな議論もないま ま突っ走る
リニア計画の現在が報告されました。

会場からは
「堀川周辺に活断層があるという報告もされた」(西区)、
「トンネル工事の残土処理が一番心配。1日800台も残土運搬
トラックが往来する。JRに質しても検討しますとしか答えない」
「亜炭坑廃坑が 陥没する恐れがある」(春日井)、
「地下水を利用している造り酒屋や病院があるが、工事による
水枯れがとても心配」(北区)
などなど疑問や不安が殺到し、リニアを安全と主張するJR東海が
その
根拠をまるで示せていないことが浮き彫りになりました。

P8082980


井上さとし参議院議員は
「バラ色のリニアと振りまいているが、その中身の
得体が知れない
マスコミでもリニアには
批判の論調が広がりつつあるし、沿線住民
が 連携して
反対運動のネットワークが各地で大きくなっている
その声を 国会に届けるためにも奮闘したい」
と決意を述べ、参加者に連帯を呼びかけて交流会が終わりました。

バラ色の中身も、安全の根拠もまるではっきりしないリニア計画。
7/22に国交省から意見書が出され、現在JR東海は最終認可に
向けて 工事実施計画作成の段階に来ています。

過大な需要予測、電力浪費、大規模環境破壊、膨大な残土処理、
電磁波の危険性、トンネル内事故対策、、、、

これらの問題がすべて公正に公開されれば、リニアが
バラ色でも
夢でも ない
ことが誰の目にも見えてきます。
ましてや、くらしの予算がどんどん削られて、リニアに便乗した大型
開発 に莫大な税金がつぎ込まれようとしていることが公開されれば。

具体化させない、着工させない、中身はしっかり公開させる。
たたかいはこれからです!



バラ色のリニア!?【現地調査と懇談交流会】その①

8月8日 共産党国会議員団が行なったリニア調査と懇談会には、
雨天にも関わらず、たくさんの沿線住民の方たちが協力、参加
してくださいました。


Dscn6412_2


リニア計画ルートの真上にある地元西区の那古野(なごの)
地域のみなさんはこの間、4回に渡って配布したアンケートや
リニア計画のチラシでつながった方ばかりです。

「チラシを見るまでは人ごとぐらいに考えてた。
まさか自宅の真下とは
「リニアの電磁波が一番心配」
「着工ギリギリまで説明しないなんて全く
本末転倒だ」

Dscn6411_2


現場に詰めかけた周辺住民のみなさんは、真剣な表情で議員団
に不安や疑問を投げかけていらっしゃいました。

那古野地域はリニアが地下40メートルから堀川をくぐり、名古屋駅
にかけて上昇するルートで、用地買収など工事の影響が大きいにも
関わらず、JR東海は
工事着工ギリギリまで関係住民に説明会すら
開かない構えです。

Dscn6416


リニア計画ルートに沿って、現場は名古屋駅そばのお寺に移動。
この辺りは開削工事や立ち退きの対象地域で、ご住職にお話を
うかがいましたが、
「工事の具体的なことは
一切知らされてない。」
「ある日、手土産ひとつ下げた不動産屋さんがあいさつにだけ訪ねて
来たことがあった。」
など、この計画の不透明さを物語る内容ばかりでした。

その②へ、、、

2014年8月 7日 (木)

リニア視察と交流会

2027年の開業をめざすリニア中央新幹線計画。
西区ルートは用地買収や立ち退き、開削工事など影響が大きいにも
かかわらず、JR東海はルート沿線住民にロクに
事業説明もしないまま
秋の工事着工をする構えです。


「あまりにも非常識」
と、沿線住民の方たちから【リニアを考える西区の会】が立ち上がり、
JRに対し説明会を開くよう求める運動にごいっしょしています。

この間、共産党国会議員団は山梨県や神奈川県、長野県のルート地域
に調査へ入っています。西区でも現地聞き取り調査入りすることになりま
した。

佐々木憲昭衆議院議員、井上さとし参議院議員、たつみ孝太郎参議院議員、
わしの恵子市会議員が参加予定です。

Photo


2014年8月 3日 (日)

「核兵器なくそう」円頓寺七夕署名

毎年恒例の円頓寺七夕まつりで西区原水協のみなさんと
わしの恵子市議で核兵器廃絶を求めるアピール署名を集めました。


Dscn6264_2


広島と長崎の日も間近、来年は被爆70周年でNPT再検討会議開催の年。
「世界のどこにも原爆の悲劇をくり返さない」
「来年こそ核兵器廃絶に向けた飛躍の年に」
お祭りを楽しむ人たちもたくさん足を止め、署名に協力してくださいました。



Dscn6268


小麦色に日焼けした子どもたちは、
「はだしのゲン読んだ。」
「大きな爆発でしょ?知ってる。たくさんの人が死んだ。」
「原爆ってまだ残ってる?絶対いらない。コワイ。」
真剣な表情で応えてくれます。

Dscn6269

Dscn6278


わたしにとっても平和の願いの原点に原爆があります。まちなかで出会う子どもたちにも、
世代を超えてしっかりと語りつがれ、受けつがれているんだ、と強く実感できたひとときでした。

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »