« バラ色のリニア!?【現地調査と懇談交流会】その① | トップページ | 平和をさけぶ夏 »

2014年8月 9日 (土)

バラ色のリニア!?【現地調査と懇談交流会】その②

現地調査に続いて懇談交流会が開かれました。

Dscn6429_3


佐々木憲昭衆議院議員は
「とにかく聞こえてくるのは
寝耳に水という声ばかり」
と、突然浮上したリニア計画にどの沿線住民からも驚きと
不安の声が寄せられる、 国は「公共事業ではないので
JR東海に
説明義務はないという姿勢だが、首相はアメリカ
にリニアを売り込み、
国家プロジェクトさながらの扱い
用地買収や不動産取得の減税措置など税金投入の恐れも
ある」と報告。


Dscn6433_2


たつみ孝太郎参議院議員はこれまでリニアを4回に渡って
委員会で質問、「そのたびに委員会が
凍りつく」、
リニアに賛成の与党議員らから 「
計画の中身を全然知らなかった
と告げられるなど、
国民不在でロクな議論もないま ま突っ走る
リニア計画の現在が報告されました。

会場からは
「堀川周辺に活断層があるという報告もされた」(西区)、
「トンネル工事の残土処理が一番心配。1日800台も残土運搬
トラックが往来する。JRに質しても検討しますとしか答えない」
「亜炭坑廃坑が 陥没する恐れがある」(春日井)、
「地下水を利用している造り酒屋や病院があるが、工事による
水枯れがとても心配」(北区)
などなど疑問や不安が殺到し、リニアを安全と主張するJR東海が
その
根拠をまるで示せていないことが浮き彫りになりました。

P8082980


井上さとし参議院議員は
「バラ色のリニアと振りまいているが、その中身の
得体が知れない
マスコミでもリニアには
批判の論調が広がりつつあるし、沿線住民
が 連携して
反対運動のネットワークが各地で大きくなっている
その声を 国会に届けるためにも奮闘したい」
と決意を述べ、参加者に連帯を呼びかけて交流会が終わりました。

バラ色の中身も、安全の根拠もまるではっきりしないリニア計画。
7/22に国交省から意見書が出され、現在JR東海は最終認可に
向けて 工事実施計画作成の段階に来ています。

過大な需要予測、電力浪費、大規模環境破壊、膨大な残土処理、
電磁波の危険性、トンネル内事故対策、、、、

これらの問題がすべて公正に公開されれば、リニアが
バラ色でも
夢でも ない
ことが誰の目にも見えてきます。
ましてや、くらしの予算がどんどん削られて、リニアに便乗した大型
開発 に莫大な税金がつぎ込まれようとしていることが公開されれば。

具体化させない、着工させない、中身はしっかり公開させる。
たたかいはこれからです!



« バラ色のリニア!?【現地調査と懇談交流会】その① | トップページ | 平和をさけぶ夏 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2044544/57038097

この記事へのトラックバック一覧です: バラ色のリニア!?【現地調査と懇談交流会】その②:

« バラ色のリニア!?【現地調査と懇談交流会】その① | トップページ | 平和をさけぶ夏 »