« リニア視察と交流会 | トップページ | バラ色のリニア!?【現地調査と懇談交流会】その② »

2014年8月 9日 (土)

バラ色のリニア!?【現地調査と懇談交流会】その①

8月8日 共産党国会議員団が行なったリニア調査と懇談会には、
雨天にも関わらず、たくさんの沿線住民の方たちが協力、参加
してくださいました。


Dscn6412_2


リニア計画ルートの真上にある地元西区の那古野(なごの)
地域のみなさんはこの間、4回に渡って配布したアンケートや
リニア計画のチラシでつながった方ばかりです。

「チラシを見るまでは人ごとぐらいに考えてた。
まさか自宅の真下とは
「リニアの電磁波が一番心配」
「着工ギリギリまで説明しないなんて全く
本末転倒だ」

Dscn6411_2


現場に詰めかけた周辺住民のみなさんは、真剣な表情で議員団
に不安や疑問を投げかけていらっしゃいました。

那古野地域はリニアが地下40メートルから堀川をくぐり、名古屋駅
にかけて上昇するルートで、用地買収など工事の影響が大きいにも
関わらず、JR東海は
工事着工ギリギリまで関係住民に説明会すら
開かない構えです。

Dscn6416


リニア計画ルートに沿って、現場は名古屋駅そばのお寺に移動。
この辺りは開削工事や立ち退きの対象地域で、ご住職にお話を
うかがいましたが、
「工事の具体的なことは
一切知らされてない。」
「ある日、手土産ひとつ下げた不動産屋さんがあいさつにだけ訪ねて
来たことがあった。」
など、この計画の不透明さを物語る内容ばかりでした。

その②へ、、、

« リニア視察と交流会 | トップページ | バラ色のリニア!?【現地調査と懇談交流会】その② »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2044544/57037728

この記事へのトラックバック一覧です: バラ色のリニア!?【現地調査と懇談交流会】その①:

« リニア視察と交流会 | トップページ | バラ色のリニア!?【現地調査と懇談交流会】その② »