« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月25日 (水)

くらし犠牲の心ない政治に地方からノー!

社会保障の大幅切り捨て、大企業に大減税、空前の軍事費増額、、、
安倍政権のもとで「3悪予算」が提出され、暴走はいよいよ加速しています。

名古屋市の予算も、国に追随するかたちでくらしの負担増路線を打ち出しています。
リニアを見すえた街づくりを柱に、ハコモノ推進、大型開発最優先の一方で、国の
社会保障削減はそのままに、富裕層に手厚い「減税」をつづけ、「行革」の名で福祉
の民営化・営利化をすすめる「納得しがたい」内容です。

特に介護保険料の大幅値上げは42億円と予算の中でも最大の市民負担増となって
います。
「第3極」として登場した河村市政も、今では自民党主導のオール与党体制そのもの。
河村減税日本は、相次ぐ議員の不祥事で28から11議席へと崩壊の一途です。

共産党名古屋市議団がこれまで市民のみなさんとちからを合わせて、予算計上が
実現したものには、

○低所得者の介護保険料の軽減
○国保料の平均約3200円の引き下げ
○学童保育助成拡充
○B型肝炎ワクチン助成
○子宮頸がんワクチン副反応調査

などがあります。

党市議団の代表質問では、安倍政権から市民を守るための5つの提案で市長に迫り
ました。

①小学校給食の無料化を。まず第3子から。
②市内に就職した若者への奨学金返還支援制度を。
③介護保険料値上げ撤回。介護施設へも運営費補給金制度で処遇改善を。
④市の産業振興計画に非正規から正規雇用への転換目標を明記する。
⑤住宅リフォームと商店リニューアル助成制度を。

そして2つの施策見直しとして

①リニア頼みの名駅周辺大型開発。JR東海のための用地取得。
②経済成長にもマイナスで格差を広げるだけの金持ち大企業優遇の河村減税。

①に関して、「リニアは公共事業か民間ビジネスか?」との質問に市長は「混然一体
ですわ」と答弁。
代表質問に立った山口きよあき議員は「国と大企業が混然一体で進めるのは原発と
同じで、いちばん怖い」
ときびしく批判しました。

リニア呼び込みには、「カネもひとも出すが口も出す」という河村市長。
開業をみすえた名駅周辺の大型整備事業に134億円を計上。「名古屋まちづくり公社」
にリニア用地取得事務を23億円で委託し、市の職員を差し出すというまるで「大企業の
下請け」
さながらです。

リニアは大規模環境破壊、エネルギー浪費、電磁波の危険性、需要の甘過ぎる見通し
など、問題が山積みのまま着工へと突き進んでいます。
国家プロジェクトと位置付けられながら、JR東海には立地周辺住民に対し理解を求め
る努力が見られず、国も行きつくところは「いち私企業の事業に説明義務はない」という
スタンスです。
リニアをこのまま進めれば、取り返しのつかないリスクを未来に負うことになりかねません。

こんな途方もないことばかりに大切な税金が投入され、毎日の当たり前の暮らしが犠牲
にされるなんて、どうしても納得がいきません。
大型開発で大企業が儲かれば、そのうち家計に回ってくるという政策は、格差を広げる
だけで経済効果がないことはもう常識になりつつあります。

いま本当に必要なことは、浪費型の予算を見直して、儲けに応じた税負担に切り替え、
毎日の暮らしを最優先に立て直すことです

「市民の税金は市民のために」この当たり前のことが最優先になる市政、どうしても実現
したい。大切な市会の議席、なにがあっても失うわけにはいきません。

4月3日の地方選告示まであと1ヶ月。
市民のみなさんと共同を広げ、くらしの願い実現をめざす党の姿をひとりでも多く知って
もらいたい!
西区のすみずみまで声を届けようと駆け回る毎日です。

Dscf0490

2015年2月19日 (木)

春を呼ぶ、まちかど演説会

まちかど演説会つづきます。
県会予定候補わしの恵子さんのテーマカラー、ピンクのそろいで。

春はまだ遠いようで、寒風がびょおぉと吹く中、フッ飛ばされるリーフやプラスターを
追いかけながらの毎日です。
「あんたが選挙に出るんか!?」と演説中に声がかかり、中断することもしばしば。

昨年暮れの総選挙から県知事選挙を経て、まちかどで訴えるほどに道行く人から、
熱い反応が次つぎに返ってきます。

消費税、原発、格差と貧困、集団的自衛権、憲法、沖縄新基地、TPP、リニア、、
お話したい問題が山ほどあります。安倍政権の暴走リストが多すぎる!
一カ所15分でまとめ切ることに格闘する毎日です。

「この道しかない」と暴走する安倍政権に別の道がある」と対案をかかげて
共産党は挑みます。
志位和夫委員長の国会追及に、首相は何を訊かれても「ご指摘にはあたらない」と
まともに答えず、あくまで「異論は拒否」の構え。いよいよ独裁ぶりがあらわになって
来ました。

4月の選挙は、この独裁政治を地方から包囲して、防波堤を強く厚くしてゆく戦いです。
わしの恵子さんの県会、青木の市会、負けられません!

告示まであと6週間。西区の隅々まで声を届けたい!


Dscf0439
後援会のみなさんに支えられ

Dscf0444
強風も写ってます

2015年2月16日 (月)

如月のまちかど演説会

恒例のまちかど演説会が始まりました。
21日までの8日間で約70か所、地元西区の旅です。
初日から「雪女」になってしまいました。
しびれる寒さでしたが、道行くひとの反応は熱く、 リーフやチラシを
「こっちもちょうだい」と受け取ってくださる方も。
事前に近辺に配ったチラシを持ってポイントで待っていて下さる方も見え
ました。寒いなかを本当にありがとうございます!

公園で遊んでいた小学生が、「あ、アオキだーっ!」と押し寄せてきたので
みんなと握手。
「お父さんお母さんによろしくね」と話しかけると 、「、、、、、」
とにかく覚えてもらえるのは嬉しいことです。

地方選挙は4月3日告示、12日が投票日です。
県会に初挑戦のわしの恵子さんと、市議会引き継ぎに挑戦の青木ともこ。
国の悪政の防波堤になる県政、市政をめざします。
大村知事も河村市長も、アベノミクスさながらに、大型開発一本ヤリと、
大企業減税の大判振る舞い、リニア新幹線を見すえた名古屋駅の大規模
開発に税金投入の糸目をつけません。
そのいっぽうで、市民の暮らしに関わる医療、福祉、教育の予算は後回し。
くらしの負担増に誰もが悲鳴をあげています。
いま本当に必要なのは、ハコモノだらけのスーパーターミナル名古屋よりも、
市民の負担を軽くして、毎日の暮らしを最優先に立て直すことだと考えます。

大型開発最優先の浪費型予算を見直せば、暮らしや福祉、教育の財源は
じゅうぶんに出来ます。
リニアによる大規模環境破壊ではなく、保育園や特養ホームの増設など、
くらしに密着した公共事業を増やすべきではないでしょうか?

ひとりひとりの願いがまっすぐ届く政治、どうしても実現したい!

11008064_1576532955897154_137592730
雪の寒さも負けません!

10959711_1576533035897146_519513937
公園で子どもの握手攻め

Dscf0416
わしの恵子市議は議会の合間をぬって














2015年2月 8日 (日)

いっせい地方選 わしの恵子・青木ともこ事務所びらき

2月8日あいにくの冷たい雨に降られましたが、140名のみなさんが
事務所びらきにお集まりくださいました。心からありがとうございます!

4月3日公示まで2ヶ月足らず。
どうあっても失うわけにはいかないわしの恵子さんの議席、全力あげて
引き継ぎます!

わたしが西区のみなさんと出会い、党活動の出発点となったのが2012年
暮れ。
同時に、かつてないほど危険な安倍政権の暴走が始まりました。
「いのちとくらしをおびやかす政治の横暴は許さない」
それがわたし青木ともこの原点です。

この原点をいつも忘れずにここまで来られたのは、わしの恵子市議と西区
のみなさんの粘り強い草の根の底ぢからに励まされて来たからです。

さきの知事選では小松たみこさんが大善戦され、県会の空白克服をなんと
してもの思いを噛みしめました。
そして、中東でお二人の邦人がテロの犠牲となり、安倍政権がこれを口実
に集団的自衛権発動へと暴走するいま、強力なブレーキをかけるには、
反戦平和つらぬく共産党がさらに躍進してこそ。
西区から平和の声を響かせよう心をひとつにしました。

宝の議席引き継ぎへ、頑張りますっ!


Dscf0354


Dscf0356


« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »