« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月28日 (火)

統一地方選を終えて

4月12日の前半戦に続いて26日、地方選後半の投開票が行われました。
日本共産党は愛知県3市町で議席の空白を克服し、改選前56議席から
60議席
へと前進させて頂きました。
女性候補24人は全員当選を果たし、20代、30代の候補も議席を獲得でき
ました。
前半戦では12年ぶりの県会2議席回復、市会は5議席から過去最多の12
議席
へと大幅に伸ばしました。

「安保法制」 = ”戦争立法”をめぐって、戦争か平和かの重大な分かれ道
に立った地方選でしたが、安倍政権の暴走を許すかどうか、いち地方選挙
にとどまらない、歴史的な闘いだったと思います。

「平和憲法を守れ」
「子どもたちに平和な未来を残したい」
一票、一票に託していただいたみなさんの願いで、日本共産党は、この
地方選を全国的な躍進を果たすことが出来ました。

自民、公明与党は5月中旬にも”戦争立法”国会提出し、会期を延長して
でも合意に持ち込む構えです。アメリカへの軍事協力を「地球規模」
広げて、どんな戦争でも自衛隊の武力行使を可能にしようというものです。

闘いはこれからが正念場!
国会にも地方議会にも「戦争NO!」の声をしっかり届けるため、全力あげて
がんばります!

Dscf4015_2

2015年4月21日 (火)

名古屋港の軍事利用に抗議!

海上自衛隊の軍艦が名古屋港に入るということを受け、共産党県議団、
名古屋市議団で申し入れを行いました。
地方選前半で伸ばして頂いた県議2名、市議12名、事務局2名で応接室は
ぎゅうぎゅうに。

今回の入港は昨年2月の掃海艇、10月の砕氷艦に続くもの。2013年9月
には米軍イージス艦「ヒギンズ」を受け入れています。党はその度に抗議、
申し入れを行って来ました。
たび重なる軍艦の入港は、一般市民の目を慣れさせ、名古屋港の軍事
利用を既成事実化するものであり容認できないと申し入れました。

Photo

Photo_2

以下、申し入れの内容です。

名古屋港管理組合
管理者 河村たかし様 
                    日本共産党名古屋市会議員団
                         団長  田口一登

海上自衛隊の潜水艦救難母艦「ちよだ」の名古屋港入港について

 海上自衛隊の横須賀を母港とする潜水艦救難母艦「ちよだ」(排水量
3650t)が4月24日から27日まで名古屋港に入港し、週末にはガー
デンふ頭での一般公開も予定されていることが明らかにされた。
潜水艦救難母艦は潜水艦の軍事作戦をサポートする艦艇である。
「ちよだ」は海中で遭難・浮上不能になった潜水艦の乗員を救助する
深海救難艇(DSRV)を積載し、あわせて潜水艦隊の母艦として、
潜水艦へのミサイル、魚雷、糧食、燃料、真水、電力の補給や乗組員
の休養宿泊施設を備えている。
 
 名古屋港への自衛艦入港は、昨年2月の掃海艇「つのしま」、10月の
砕氷艦「しらせ」に続くものである。潜水艦救難母艦の寄港は初めて
だが、入港目的は、乗組員の休養、補給、艦艇の一般公開とされて
いるだけで、名古屋に寄港する目的は、一般公開のためなのか訓練
や作戦行動の帰路かも定かでない。
 
 いずれにせよ、たび重なる軍艦の入港は名古屋港の軍事利用を
既成事実化するものであり容認できない。名古屋港を商業港として
発展させるには、軍事利用を拒否する非核・平和の港としてアジアと
世界にアピールすべきである。
 
 管理組合は港湾法13条の、施設の利用に関して「不平等な取扱を
してはならない」を根拠に、軍艦も拒否できない、としている。しかし
港湾法13条は「私企業への不干与等」を規定したものであり、軍艦と
商業船舶の港湾利用を同列に論ずべきではない。そもそも戦力の
不保持を定めた日本国憲法は軍艦の港湾利用を想定しておらず、
1950年に制定された港湾法も同様に解釈すべきである。
 
 よって以下の点を申し入れる。
1.自衛隊艦船の名古屋港入港を拒否すること。
2.ガーデンふ頭を軍艦の一般公開に利用させないこと。隊員募集など
乗組員の休養・補給以外の目的での港湾施設の使用を認めないこと。
3.日本国憲法を厳守し、憲法9条をあらゆる港湾行政に貫き活かすこと。

参考 港湾法第13条

(私企業への不干与等)
第十三条  港務局は、港湾運送業、倉庫業その他輸送及び保管に関連
する私企業の公正な活動を妨げ、その活動に干渉し、又はこれらの者と
競争して事業を営んではならない。
2  港務局は、何人に対しても施設の利用その他港湾の管理運営に関し、
不平等な取扱をしてはならない。

地方選後半でさらに躍進を!

26日投開票の地方選挙後半戦。
共産党は23市で現有41議席から14議席増をめざします。

前半に引き続き、後半戦の大きな争点となる「戦争立法」安倍政権は
連休明けにも法案を提出、今月中に合意を取り付ける構えです。

自民、公明与党の「戦争する国づくり」、後押しする維新、態度を表明
しない民主、、、
今こそ「戦争はダメだ」とキッパリ言える共産党のもうひと回り躍進で、
暴走政権を地方から押し返すちから必要です。

党派を超えた平和の願いを共産党へ!
みなさんのさらなるご支援を心からお願い致します。


1429506767114


Dscf4003_2


Dscf4011



2015年4月16日 (木)

名古屋市会議員団12名が勢ぞろい!

改選前5議席から大躍進!
自民、民主に次ぐ第3党になりました。議案提案権も獲得して、各常任委員会に
2名ずつ配置出来る事に。

「戦争立法」を地方から待った!くらし犠牲のオール与党市議会から「市民本位」の
温かい市政へ、議会一新のためにちからを尽くします。一層のご支援をお願い申し
あげます。

11149495_1599706666913116_697298536

右から
山口きよあき(港区)
さいとう愛子(名東区)
さはしあこ(緑区)
藤井ひろき(中村区)
江上ひろゆき(中川区)
くれまつ順子(守山区)
岡田ゆき子(北区)
田口かずと(天白区)
柴田たみお(昭和区)
西山あさみ(中区)
青木ともこ(西区)
高橋ゆうすけ(南区)

2015年4月13日 (月)

2015統一地方選 愛知の躍進!

大激戦のうちに迎えた投票日、日本共産党は市会5議席から12議席、県会は12年ぶり
に議席回復
と、大きく躍進を果たさせていただきました!

西区では初の県会と市会ダブル当選!
わしの恵子と青木ともこ、みなさんのおちからで二人そろって押し上げて頂きました!

安倍政権の「戦争立法」暴走に緊張が高まるなか、
「戦争だけは絶対にダメ」
「今度ばかりは共産党へ」

の声がかつてないほどに広がり、暴走政治ストップの願いがこの躍進へと押し上げて
頂いたと確信します。

この日の喜びを忘れず、みなさんの願いをしっかり受け止めて、安倍政権の「戦争する
国づくり」、そして国と一体でくらしの犠牲を強いる河村市政を「住民本位」の心ある市政
へと一新するために、全力あげて頑張ります!

11149445_1598577337026049_735683351


11137097_1598577357026047_245987216


2015年4月 8日 (水)

西区円頓寺ごえん市ウォーキング!

西区円頓寺ごえん市ウォーキング!
もとむら伸子衆議院議員の特大サポートいただきました。

総勢60名のピンクとブルーの集団でお邪魔しましたが、店主さんにも
お客さんにも温かく迎えていただきました。

「わしのさん、いよいよだね!」...
「こっちが次の人?青木さん?わかった!」

戦争反対、いよいよ共産党だ、消費税ひどい、アベなんとかして、、、
対話が尽きませんでした。みなさんの期待の声、本当に励みになります。

もとむらさんが「わしの&あおきコール」でめちゃくちゃ盛り上げてください
ました!感謝、感謝です!がんばります!

1511026_1596151070602009_2574028200


19587_1596151317268651_146282371274


11102949_1596151470601969_785701131


11051218_1596151383935311_626201872







選挙戦まっただなか!

4月3日告示からフル回転の毎日です。
一瞬いっしゅん、緊張とファイトに震えます。 そして驚くほどの街の反応にも。
とにかく沿道から、自転車から、車から声がかかります。 あちこちから寄せられる
みなさんの励ましを受け止めそこねてはイカン!とリキみ返ってしまい、、、
とにかく色んなエネルギーがみなぎる毎日です。

みなさんからいただくエネルギーと期待をしっかり受け止めて、かならず応えられる
よう精いっぱい頑張ります!


10952846_1595912907292492_379288690
出発式!

11133729_1595912993959150_4955140_2
佐々木憲昭前衆議院議員が応援に!

11140225_1595913023959147_637456596
街頭での訴え。沿道から車から応援が次々と!

11137104_1595913097292473_242526048
声を聴いてしっかり市政に届けます!


« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »