« 名古屋市議団12名勢ぞろいで「戦争法案ストップ!」 | トップページ | No More War!平和のバトン受け継ごう »

2015年5月31日 (日)

ヘイトスピーチ根絶を!

【5.31Nagoya Against Racism】
人種差別を激しく煽る”ヘイトスピーチ”デモの抗議アクションに参加しました。

デモの主催は「行動する保守運動」と称していましたが、現場責任者は、ヘイトデモの
代表的団体「在特会」の元会長、桜井誠氏でした。
在特会は、その活動が2014年の国連人権委員会で厳しく批判され、日本政府に早急
な対応を求める勧告が出されています。

名古屋市会は昨年10月に「ヘイトスピーチに関する意見書」を採決し、政府に早急な
対策を講ずるよう要望しています。


Cguoqhsucaamnjh1_2



共産党名古屋市議団は5月29日、名古屋市に対し、このデモの「集合場所の公園の
使用許可」の取り消しを求めて申し入れましたが、回答は「現在、取り締まる条例が
ない
以上、許可の取り消しは出来かねる」でした。


Cgj_yzzugaavmd81


日の丸や旭日旗をなびかせて、白昼堂々「大人たちが」ヘイトを撒き散らしながら行進
する光景は異様です。その行為を許し、その隊列を大勢の警官が守っている、、、
子どもたちが目にしたら、どう説明すればいいでしょう?

カウンター側の一部は、トラメガで激しい言葉で応酬したり、隊列に駆け寄ろうとして
警備員に取り押さえられたりと、繁華街で騒然となることも度たびでした。
全国で、このヘイトデモが繰り返されていますが、 カウンター最前線の人たちの抗議
スタイルが賛否両論となっています。

否定的意見には、
「どっちもどっちだ」
「放っておけばいいのに」

といったものが多いのですが、取り締まる条例や法律が無いなか、
「どうすればいいのか?」
「このまま見過ごせない、アクションを起こしたい」

そんな思いを募らせ、手さぐりで行動を起こしている人たちを否定することは、私には
出来ません。

一番怖いと感じるのは、人種差別を煽るデモに誰も抗議せず、行進を見た人たちが、
「これも言論の自由で許されるんだ」
受け流してしまうことだと思います。

言葉でどれだけ人を傷つけてもいい、そんな自由が許されていいはずがない!
そう思います。


Cguoqchuaaa4auz1



この日は、デモの現場で見知らぬ方からたくさん声をかけて頂きました。
「市議団の申し入れ、ネットで知りました。共産党はすぐ動いてくれる」
「ヘイトを取り締まる条例をつくって欲しい。大阪とか他のところの共産党さんにも
頑張ってもらいたい!」
そんな激励や切な要望を頂きました。

勇気をもって声をあげている人たちとちからを合わせて、差別をなくしていきたい!
市会議員として出来ることを頑張ろう!そう心に刻みました。




« 名古屋市議団12名勢ぞろいで「戦争法案ストップ!」 | トップページ | No More War!平和のバトン受け継ごう »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2044544/60204427

この記事へのトラックバック一覧です: ヘイトスピーチ根絶を!:

« 名古屋市議団12名勢ぞろいで「戦争法案ストップ!」 | トップページ | No More War!平和のバトン受け継ごう »