« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月31日 (金)

北海道を訪ねて

金沢市での研修に続いて7月27日から3日間、私が所属する都市消防委員会で、
北海道の函館市と札幌市へ防災計画や街並み保存、都心整備について学ぶ
行政視察に行ってきました。

函館は長崎、神戸、横浜とともに幕末(1859 年)にいちはやく開港された異国
情緒あふれる港街で、独特の街並みが都市景観形成地域に指定されています。


110330m011_2
一階が和式、二階が洋式の珍しい「和洋折衷」町家。


279818871_2
明治40年代の赤レンガ倉庫を店舗に改装した建物です。


ちなみにわが西区の町並み保存地域は、四間道(しけみち)と中小田井の旧岩倉
街道沿い商家です。

人気観光地の函館ですが、過疎指定地域になっていることにはおどろきました。
人口が毎年7 千人も減少し、高齢化が深刻です。防災も高齢者の避難が大きな
課題で、出前防災講座も積極的に行われていますが、取り組みは未だまだこれ
からとのことでした。


1438321237305_2
函館市の津波マップ。青から黄にかけ7mまでの浸水予想


一方、若い家族を市内に迎えようと、ヤングカップル支援が行われています。
月額最高1 万6 千円、最長16 年間という、名古屋市民にはなんとも羨ましい
家賃補助がありますが、交付対象は40 件足らずで、人口減少に歯止めを
かけるためには、要件を緩和してでも応募を増やしたいとのことでした。

来年は新幹線が函館に開通する予定ですが、まちの雰囲気は冷めている
という声も。今も人口が札幌市に偏っていて、2030年代に新幹線が札幌まで
開通すれば、都心一極集中の加速が懸念されるからでしょう。

札幌の都心整備も、すすきのにかけての地下空間を再開発し、人の流れを
拡大する狙いです。


1438321225772_2
都心コンコースには、「止まり木」的ベンチやテーブルの設置が
goodですが、、、


名古屋駅のリニア関連再開発も同様ですが、地下空間を広げることには災害
時の不安があります。
帰宅困難者などリスクを最大限回避するためには、一極に人を集中させる
都市計画やまちづくりの発想そのものを問題にすべきではと、北の果てまで
来てあらためて考えさせられました。

2015年7月29日 (水)

地方自治の正念場!自治体学校に学ぶin金沢

7月25・26日にかけて、金沢市で開かれた「自治体学校」に参加しました。
今年で57回目になるこの勉強会は毎年恒例で、全国から自治体職員や
地方議員を中心に多数の参加者がつめかけ、数十に渡る分科会で学び
交流します。

今年のテーマは
「戦後70年、憲法が輝くホンモノの地方自治を学ぶ」

安倍政権の戦争法案阻止に向けて、今こそ地方が主役になってこの暴走
に打ち勝っていこう!そのエネルギーが、会場にも分科会にもあふれて
いました。

自治体研究の第一人者、宮本憲一氏の記念講演では、戦争法案と沖縄
辺野古新基地をめぐる闘いを通して地方自治の大切さを学びました。

「地方と国家は対等」

この言葉は講演のなかで何度も出てきましたが、私はこの言葉を聴くたび
にいつも感動をおぼえます。
そして米軍新基地反対のオール沖縄の声を権力でねじ伏せ、憲法がかか
げる
地方自治を踏みにじる安倍政権に改めて心底の怒りが!

沖縄での闘いを現場で励まし続けて来た宮本氏は、85歳とは思えない気迫
で「オキナワに全国が応えて地方自治の正念場をともに乗り越えよう」と訴え、
大きな拍手で包まれました。


20150727_10145751
「時間が足りません、、、」宮本氏
1時間以上も気迫の訴え


分科会では「平和憲法と地方自治」のテーマで池上洋通氏のレクチャーを
受けました。
町村合併や原発、憲法や安全保障の問題など、多岐に渡る講演で全国を
飛び回る池上氏のお話はすこぶるパワフルで引き込まれました。
池上氏は、「地方創生」の名のもとに、地方の文化と伝統を無視した合理化
や町村合併など、安倍政権の傲慢さを痛烈に批判しました。
地方自治をないがしろに、独裁体制を強める危険な動きを今こそ全力で止め
なければ「憲法をくらしの中で血が通うように活かさなければ」と力強く訴え
ました。


28e80d461
池上氏のお話は、モヤモヤと痒かったところを
掻きむしってくれるような痛快さがあります


二つの講演を通して学んだことは、沖縄新基地や大阪都構想、原発災害と
震災復興、市町村合併など、地域の存亡そのものが危機に追いこまれる中、
いま地方自治は正念場を迎えている、これを乗り越えるのは党派を越えた
共同のちから
だ、ということでした。

戦争法案の審議は参議院で始まっています。
いま反対の世論が猛烈な勢いで広がり、テレビをつければ「法案反対」集会、
外を見ればデモ行進、そんな状況が生まれています。

人の命に関わる重大な問題を軽んじてはばからないような安倍首相。
全国各地で、与党支持者らの離反が相次いでいます。

池上洋通氏は、

「自治体の核は人間のちからそのもの」


と強調しました。本当にその通りだと思います。
党派を超えた良心をどれだけ結集出来るかにかかっています。この2日間で
学んだことを励みにして、ちからを尽くしたい。


As20150614001246_comm1







2015年7月23日 (木)

相生山をたずねて

7月22日、道路建設が中止となった天白区の弥冨相生山線を見に行きました。
地元住民のあいだで、長年にわたり建設反対と賛成で分かれてきたなか、
党市議団は相生山線の建設に反対してきましたが、昨年12月に河村市長が
「道路建設は中止する」と表明しました。

相生山の現地では、8割がた出来上がった状態で断ち切れた道路と、森林が
よみがえり茂っているすがたが印象的でした。
相生山は市内の貴重な緑として保護される計画となっていますが、中断された
道路はどうするか、壊さずに里山のなかで活かしてゆくのか、これから検討して
いくことになります。

そんななか、建設中止となった現場では環境保全の努力がすすめられ、最近は
陸生のヒメボタルの観測が増えていると報告されました。

人と自然が共存でき、住民の声が十分に反映されるまちづくりについて学ぶ機会
になりました。


Img_4707_2
あの辺はでっかい植木鉢のような感じです


Img_4712_2
民家への配慮とヒメボタル保護のために、ガードレールに
遮光を施していましたが


Img_4719_2
道路はここまで。すでに緑のカベが迫ってます



2015年7月17日 (金)

「戦争法案」ゼッタイ廃案!

7月16日、安倍政権は国民多数の反対を押し切って「安保法案」=「戦争法案」を
衆議院で採決しました。

この間、国会前をはじめ全国で数えきれないほどの緊急集会やデモが行われ、
いま日本中が騒然となっています。
西区でも、駅頭やまちかどで「戦争法案は廃案に!」と訴えて来ました。

衆議院通過の前日、私は国会前の抗議参加のため新幹線に飛び乗りました。
車内の電光掲示ニュースに法案採決の速報が、、、


11207278_1627501257466990_418683283


11188170_1627501280800321_3024684_2


その間、わしの恵子県議は地元駅を抗議のデモ行進し、途中から10人が次つぎ
飛び入り参加するほど、大変な反響でした。


Dscf44201


国会前に到着したのは20時半過ぎ。そこには物凄い人垣が出来ていて、燃える
ような抗議の声をあげる若者たちで埋め尽くされていました。帰るひとはほとんど
なく、まだ駆けつけて来るひともありました。


11695852_1627675934116189_462116655


若者たちはマイクを持って、次つぎ入れ替わりながらコールを続けました。

「安倍はやめろ!」
「戦争法案ゼッタイ反対!」
「勝手に決めるな!」
「戦争やりたい総理はいらない!」



11041017_1627675974116185_222622277


ストレートな怒りがそのまま言葉になって国会の周りに響き渡り、私も楽器を
手にコールに続きました。現場ではドラムを持って駆けつけた友人に出会い、
いっしょに終電時間まで声をあげ続けました。
この日の参加者は10万人と報じられました。

憲法学者の9割が「憲法違反と認めている戦争法案。
国民の8割が「説明が不十分」6割が「反対」と言っているにも関わらず、安倍
政権は数のちからに任せて参議院の通過を狙っています。

ひとの命に関わる重大な問題を、ウソと言い逃れでゴマかし切れると思うのは、
大きな間違いです。若者たちはゆがんだ大人たちの企みを見抜いています。

若者たちの未来を安倍政権の好き勝手に左右されちゃあたまらない、ちからを
合わせて絶対に廃案へ追い込もう!そんな思いが込みあげました。

名古屋市議会では、共産党市議団が提案した「戦争法案反対」の意見書は
否決され、市民からの請願も同様でした。
国会では共産、民主、維新、社民、生活の野党が「この国会で法案を成立させ
ない」と共闘していますが、国政と市政の距離は依然として大きいと感じます。

これからが闘いの本番です。
















2015年7月 7日 (火)

6月議会を終えて

昨日、6月定例市議会が終わりました。

共産党市議団は本会議で新人を中心に5人が議案外質問を行い、マイナンバー、
文化小劇場、国保の問題、ブラック企業や奨学金、敬老パスや学校給食無料化
などを取りあげ、私はリニア問題にしぼって質問しました。

6つの常任委員会では、市議会で取り上げる問題を部門ごとに分けて審査しますが、
この委員会で、マイナンバーに関する条例改正や生涯学習センター8館(千種、東、
北、西、中、昭和、瑞穂、守山)の民営化についてなどが議論されました。
私が所属する都市消防委員会は防災、住宅まちづくり、消防に関する事柄を審査
しますが、今回は港区の地区計画、防災ヘリコプターの売却などについて、討論
しました。

議会最終日には、岡田ゆき子議員がマイナンバー法の施行に伴う市の条例改正
について約3分の反対討論を行いました。
年金機構の個人情報大量流出の問題など、国民の不安がつのる中で拙速に改正
を進めるべきではないこと、また、市長もマイナンバー法について、実施の延期を国
に申し入れると答弁しているのに、施行を前提とした議案を提案するのは自己矛盾
と言わなければならない、と厳しく批判しました。

市民の皆さんから寄せられた「辺野古新基地建設の中止を求める意見書」や「地方
自治の尊重を求める意見書」などの請願書に、共産党市議団は紹介議員となりまし
たが、これらは、関係部署で「閉会中の審議」あつかいになりました。

共産党提案の「戦争法案反対」の意見書は、民主党は賛成、自民、公明、減税は
反対で、全会一致には至りませんでした。

6月議会のもようは、来る7月10日の市政懇談会にてみなさんにご報告いたします。

この議会のあいだ、地元のみなさんから暮らしの相談をたくさん寄せて頂きました。
すぐに解決出来る問題ばかりではありませんが、暮らしの困りごとを通して、市政
を学び、市会議員として出来ることを尽くしていく、大切な機会だと実感しています。

みなさんにご報告する機会を楽しみにしています。

Dscf5078







2015年7月 5日 (日)

戦争法案廃案へ!署名ぞくぞくと

憲法学者ら有識者と国民の多くから「憲法違反」と断罪されたにもかかわらず、
安倍内閣は安保法制=「戦争法案」を今月15日にも衆議院特別委員会で採決
する構え
です。

いま、国会前や首相官邸前をはじめ日本全国で連日のように緊急の抗議集会
やデモが行われ、数千人、数万人規模の怒りの声がとどろいています。
平和と安全の言葉で飾ったこの法案の危険な中身は、もう隠しおおせなくなって
来ました。

西区からも法案反対の声で全国につながろう!とまちかどPRや署名活動、デモ
に取り組んでいます。
先日は、地元のスーパー前3ヵ所で後援会のみなさんとわしの恵子県議と共に
PRに立ち、お買い物中のみなさんから44筆の署名を寄せて頂きました。

「戦争ばかりは絶対にダメ」

と家族全員で賛同して下さる方が何組もいらっしゃり、反対世論の広がりを身近
で感じることが出来ました。

ごいっしょに廃案までちからを合わせましょう!


Dscf4341
平田方面で

Dscf4335
山田東方面で

Dscf4336
「署名します!」と若い人からも


Dscf4337
「家族全員で戦争ハンタイです」








2015年7月 2日 (木)

市政懇談会のお知らせ

来る7月10日、共産党名古屋市議団は市政懇談会を開催します。
6月市議会は7月7日まで。閉会直後の報告会となります。

戦争法案に反対の意見書提出や名古屋城木造復元、新人議員の
議会初質問など、市政の現状と国政の争点について、みなさんと
ご一緒に考えたいと思います。毎回、たくさんの方にご参加いただき、
貴重な意見交流の場として大切に考えています。

ぜひお気軽にご参加ください!

6ee82b246df6d56e4c83417b4fef9e811

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »