« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月31日 (月)

市税事務所をたずねて

8月28日、北部民商のみなさんと栄市税事務所をたずね、納税相談業務に関する
要望の回答を受けました。

共産党名古屋市議団からは、岡田ゆき子(北区)山口きよあき(港区)くれまつ順子
(守山区)さいとう愛子(名東区)西山あさみ(中区)議員が同席しました。

要望の主な内容は「滞納者の暮らしや営業の実態把握に努め、安易な差押え処分や、
強圧的態度で税を取り立てることのないように職員に指導すること」でした。

民商の会員さんからは、
「10年間、滞納分を払い続けてる。徴収職員はいつも 差押えをチラつかせるような
物言いでつらい思いをしてきた。遅れながらも払ってきたという ことを考慮してほしい」

と長年の苦労と取り立てへの憤りを訴えました。
督促の電話対応は特に冷たく高圧的だ、また、徴収担当が変わると、それまで話し
あったことが引き継がれていない、という苦情の声が多いことも伝えました。

市税事務所側は、
「そのようなことのないように努める。特に若い職員は応対に未だ慣れていないので
指導する。しかし滞納者には、督促の手紙や 電話など再三連絡をとっても返事が
ないことが多く、差し押さえに踏み切るのも致し方ないところがある。連絡さえもらえ
れば、、、」
という主旨の回答がありました。

滞納者の多くは、一日中働き、休みも不規則で、事務所の営業時間内に連絡が取れ
ないケースが多い実態があります。

山口議員は、
「名古屋市の徴収率は96,9%で政令市トップクラスだが、「差押え トップ」など変な
目標は持たないように。4月に改正された「換価の猶予」=差押え猶予も未だまだ
知られていない。苦労が多い仕事だと思うが、「大変な中、よく出向いてくれた」と
納税者 を迎えられるような場所であってほしい」
と強く要望しました。

高すぎる税金、消費税増税に打撃を受ける営業、そして厳しい取り立てを迫られる
税務職員、、、
暮らしの現場で噴き出している矛盾を感じずにはいられませんでした。

なんとかせねば!


Photo_2

2015年8月26日 (水)

市営施設をなくさないで!

名古屋市は現在約2700ある図書館や学校、市営住宅など、市民の大切な施設を
老朽化や人口減少等を理由に、整理 縮小する「市設建築物再編整備の方針(案)」
方針を打ち出しました。

「縮充」という新しい言葉で、合理化と効率化をめざすもので、一区 一施設の見直し
など、市民サービスの低下が予想されます。

名古屋市 は9月2日締め切りでパブリックコメントを実施しています。
街の大切な施設、みなさんぜひ積極的に意見をお出し下さい。

閲覧・配布先 

 区役所情報コーナー・支所、生涯学習センター、文化小劇場、図書館、スポーツ
 センター、児童館、福祉会館(市のHPからもダウンロードできます)

締め切り 

 9月2日(水曜日)

問い合わせ 

 名古屋市財政局財政部アセットマネジメント推進室 (052)972-2338


Photo

2015年8月24日 (月)

名古屋の街から人種差別をなくそう

8月22日、名古屋駅西口でヘイトスピーチ(民族差別扇動)街宣が行われるとの
知らせを受けて、抗議行動に参加しました。

ゆがんだ歴史認識で「嫌韓」を煽るヘイトスピーチは、東京の新大久保、大阪の
鶴橋などコリアンタウンで繰り返されましたが、市民の抗議と運動で下火にまで
追いこんできています。

最近、名古屋での街宣が増えてきたのは、まだヘイトスピーチの認知度が低い
ところを狙ってか、という声が多く聞かれます。


11921646_1637963486420767_831194832
思い思いのプラカードを手に


当日のカウンター(抗議)には、関西や関東から応援に駆けつけた方が多数で、
かつてない規模になり、「差別をやめろ!」の声は街宣の大音量をかき消すほど
でした。


11935001_1637963519754097_352230320
道路をはさんだ向こう側まで抗議、、、


11903791_505425089617126_5960464184
「何してるんですか?」尋ねる人に人権擁護のフライヤー
で説明されてます


「表現の自由」をはるかに逸脱したヘイトスピーチは、人の尊厳を激しく傷つける
「暴力」です。一刻も早い法規制が必要です。
しかし、首相をはじめ多くの閣僚とこの勢力は密接な関係にあり、「安保法制=
戦争法案」の推進を担っています。

日本共産党は、安倍首相の戦後70年「新談話」を受け、日本とアジアの「和解と
友好」に向けた基本姿勢を提唱し、その中で、ヘイトスピーチ根絶のために立法
措置を含めて政治が断固たる立場に立つことを求めました。

名古屋市議団は、今年5月に行われたデモの集合場所の使用許可を取り消す
よう名古屋市に申し入れるなど、取り組んできました。

名古屋の街から人種差別をなくすために、私も市会議員として出来ることにちから
を尽くします!

2015年8月21日 (金)

共産党愛知・夏の研修会

8月18日から19日、愛知県蒲郡市で恒例の「地方議員研修交流会」が開催され、
約90名の議員(うち新人25名)が集まり、私は初当選議員として参加しました。

1日目は、安倍政権の社会保障解体の問題で、2月の知事選で大善戦された小松
民子社保協事務局長の講義を受けました。パネリストとして、わしの恵子県議が、
12年振りの議席回復で、変化が起き始めている県議会の模様を報告されました。

2日目の活動報告会では、新人 を中心に30名が積極的に発言し、議会活動での
とまどいや、質問作成の苦労など日々の泣き笑いが率直に語られ、活気あふれる
交流会になりました。

私からは、人生初の議会質問や、戦争立法廃案への戦い、西区の町から広がる
平和への願いと共産党への期待を、実体験に沿って報告しました。

県下の津々浦々、議員から寄せられたどの報告でも、戦争立法阻止をめぐって、
党派を超えた共同の広がりと目ざましい変化が語られ、どこでも活動の苦労と
奮闘が実を結んでいると実感でき、元気と勇気が湧いた2日間でした。


Kc4f0002

2015年8月16日 (日)

終戦70年の日

8月15日、終戦の日のきょう「平和の誓いをいまこそ」と、地元西区の駅頭など2ヶ所で
訴えました。お盆休みもあってか、人通りはまばらでしたが、道行く人から車から励まし
や応援をいただき、とても元気づけられました。


1439609076737
わしの恵子県議と西区後援会のみなさんで


今年は戦後70年の大きな節目の年。安倍首相の「新談話」が発表されました。
が、、、20年前発表された村山首相の談話から、侵略戦争の「反省」と「お詫び」など
を引き継ぐとするものの”キーワード”を並べるばかり、安倍首相みずからの言葉、
みずからの歴史認識ではっきりと語ることはありませんでした。

談話のあと、記者質問で「侵略」の認識について尋ねられた首相は、またしても
「その評価は歴史家の判断に任せる、、、」
と繰り返しました。
美しい言葉を並べても、歴史を認めたくないという”本音”は覆い隠せません。

また首相は、戦争被害者の苦しみを「心に刻む」、「謙虚な姿勢で」、「憲法を守りぬく」
と並べ立てましたが、芯からそう思うならば、戦争法案はただちに取り下げ、国民の声を
受け止めるべきです。


11887877_850771795018621_3087729494
「新談話」を受けて志位和夫委員長。「欺瞞に満ちた談話」と
痛烈に批判


Cmxw6mfuaaafmjx
村山元首相。「談話は受け継がれていない」










2015年8月12日 (水)

来年夏の参議院をめざして

来年夏の参議院をめざす、すやま初美予定候補の西区入りです!

8月9日、「はだしのゲン」Tシャツを着たすやま初美さんが浄心交差点に到着。
炎天下に優しいすず風が吹きこむようでした。

長崎原爆投下から70年を迎えたこの日、西区後援会の皆さんとわしの恵子県議で
戦争法案ストップ署名と核兵器廃絶をアピールし、多くの方が署名に応じてください
ました。

通りすがりに足を止めて、すやま初美さんの訴えに聴き入る方もあり、

「ぜひ送り出したい人だね!」

という声が寄せられました。

すやま初美さんは、同じ地区委員会でともに活動してきた方で、4月の一斉地方選
で北区の県会候補をつとめ、自民党と民主党の現職二人に迫る勢いで大善戦しま
した。

デザイナーとして、過酷な働かされ方をしてきた経験と、ブラックな職場で悩む同僚
を見てきたつらい経験から、

「若者を追いつめる、こんな社会を変えたい」

と、活動の原点と語るすやまさん。そして、

「ブラック企業と高すぎる学費で苦しむ若者を、今度は戦場に送るなんて許せない」

と、戦争立法かならず廃案へ、国会に駆けあがる決意に燃えています。


すやま初美さんを国会へ!西区あげて応援します!


Dscf4657
お馴染みの浄心交差点で。


Dscf4668
笑顔が広がって


2015年8月10日 (月)

川内原発再稼働するな!戦争法案は廃案へ!8.8にしくアクション

毎月第2土曜定例のにしくデモ。37度の炎天下も元気に行進しました。
「川内原発動かすな!」
「戦争法案ゼッタイ反対!」
西区の那古野地域にコールを響かせました。

今月11日に再稼働が狙われている川内原発ですが、避難計画もないまま、住民の
多数が反対のまま
再び動かすなんて許せません!

参議院での審議が緊迫している戦争法案は、与党がその中身をロクに「説明できない」
まま、「よくもこれだけ」と矛盾が噴出しています。
衆議院での強行採決以降、内閣支持率も3割台に急降下。不支持率が優に上回って
います。

「安倍やめろ」のプラカを手に手に、タイコを鳴らしながら行進していると、沿道の漫画
喫茶から若いスタッフが2人顔を出して、

「がんばってください!」
「戦争に行かされるのはイヤです!」


と励ましてくださいました。

この日のコースは、地元選出の自民党参議院議員の事務所近くを選びました。
地元のみなさんに、戦争立法について、納得できる丁寧な説明をして欲しい、そう思い
ます。

全国では、創価学会員の中に、「公明党は支持しない!」と、法案反対を表明する方
たちが急増
し、抗議集会やデモに参加しています。

今度ばかりは手を取りあって、廃案に追い込むのは今です!


Dscf4620
熱風に煽られながら、、、






2015年8月 5日 (水)

くらしの要望届けます

きょうは、地元の公園のフェンス取り付け、そして遊歩道の修繕の要望を受けて、
名古屋市と西土木事務所に申し入れをしました。


Dscf4616


市営住宅の中にある某公園は、子どもからお年寄りまで遊んで憩える人気ですが、
公園の1辺だけフェンスが設置されておらず、サッカーや野球など色んなボールが
公園から住宅に飛び込んで来ると、近隣のみなさんの苦情が寄せられています。
現場を見て、ボール遊びに熱中する子どもたちが、ボールを追いかけて車道に
飛び出したら大変と感じました。


Dscf4540
問題の1辺。車道、住宅まで通つうです。


Dscf4537
フェンスの下部に後付けでネットを足すところもあれば、、、


土木事務所では、「これまで住民のみなさんから要望をいただいている。来年か
再来年の予算で出来れば」との回答でしたので、出来る限り早くと要望しました。

遊歩道は、用水路沿いに植えられた桜の根っこが、道の舗装を持ちあげるまで
育ち過ぎ、歩道が歩けないほどデコボコになっています。
こちらも、お年寄りが歩くと危険だ、早く直して欲しいと声が寄せられました。


Dscf4347
生命力の強さにおどろき、、、ここは歩けません


Dscf4357
レンガがうねって、、、


土木事務所は、「遊歩道が出来た当時は、緑化推進が大変盛んで予算もたくさん
あった。樹木が育つ先までは見越していなかったのが現実で、今は十分な予算が
ない。いっぺんに修繕は難しいので、特に危険な箇所から優先的に直します」との
回答でした。

市民のほとんどに恩恵がない「減税」のために、真っ先に削られて来たのが、緑生
土木の予算ということも大きな問題です。
何か事故があってからでは遅いので、安全のためにも早急に修繕が進むよう、
引き続き、市に要請して行きます。                                                                                                                                                                                                

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »