« 市税事務所をたずねて | トップページ | 平和を守りぬく!思いひとつに、、、9.5共産党時局演説会 »

2015年9月 1日 (火)

「リニアと大型開発・まちづくり」ウォッチング

8月30日、革新県政・市政の会主催でリニア建設とまちづくりの問題を学ぶ交流会が
開かれました。70名以上の参加でイスも資料も足りなくなるほどでした。
講演は、東海自治体問題研究所事務局長の梅原浩次郎さん、報告はもとむら伸子
衆議員、江上博之市議と続きました。


梅原浩次郎さんは、リニアによって「ヒト・カネ・モノ」を”外から”呼び込む外来型発想
地方を衰退させる厳しく指摘。地域の文化と生活に根差したまちづくりをと強調
されました。


11230909_667109243425462_5933596152
来年夏の参議院予定候補のすやま初美さん、昭和区の
柴田たみお市議も参加しました。


もとむら伸子衆議員は報告のなかで、JR東海が採算のとれないリニアに巨額投資
する一方で、全駅の6割が無人駅のまま放置していることに怒りをこめ、建設コスト
については、上越新幹線が想定の約4倍、東北新幹線は約2倍に膨れあがった事実
から、前代未聞の難工事であるリニアもコスト膨張の可能性が高く、税金投入の恐れ
がある
指摘しました。

中川区選出の江上博之市議の報告では、いち民間企業であるJR東海に「名古屋の
顔」
と言える駅周辺の開発を勝手に左右されていいのか、大企業にモノが言えない
河村市長でいいのか、環境保護に逆行するリニア建設と、展望の見えないまちづくり
構想
を改めるべき、と力説しました。

「知れば知るほど、無謀な計画だな、、、安保法案みたいだ

参加者からはこんな声が寄せられました。まさにそうです!

後半は、名古屋駅周辺のリニア建設予定地を、駅西側を藤井ひろき市議(中村区)と
駅東にあたる西区を私が、歩いて現場ウォッチングのご案内をしました。


Img_4795
小雨の降るなか、、、


JR駅ビル15階からの展望で、名古屋城に向かって伸びるリニアの予定ルートを確認
し、地上では、JRがすでに打ち込んだトンネル中心点の赤いびょうを辿りながら堀川
までのルートを確かめました。
私からは、これまでリニア工事の実態をお知らせするニュース配布や、住民説明を
求める署名活動、申し入れに対するJRリニア窓口の誠意のない態度を伝えながら、
住民から不安や疑問の声がたくさん寄せられている現状を訴えました。


11951823_884833594927831_1395382766
わしの恵子県議も合流


ゴール地点の堀川で、2012年に名古屋大学の研究チームが、堀川に沿って2本の
活断層
が存在するという衝撃的な研究発表したことを紹介しました。
堀川だけでなく、リニアトンネル工事最難関といわれる南アルプスは、日本第1級の
活断層地帯
。穴を開けること自体が「やってはいけない」ことです。

リニアはいま、名古屋駅周辺の地権者に用地説明会が終わった段階です。
南アルプス工事も、施工業者との契約が成立したという段階で、多くのメディアが、
まるで工事が始まったかのように報じるのは無責任と言うしかありません。

西区ウォッチングに最後までお付き合い下さったみなさんにお礼を申しあげ、リニア
を国家プロジェクトで推進する安倍政権を追い込むことが、建設中止の流れをつくり
ます。ごいっしょにがんばりましょう!と訴えました。






« 市税事務所をたずねて | トップページ | 平和を守りぬく!思いひとつに、、、9.5共産党時局演説会 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2044544/61418734

この記事へのトラックバック一覧です: 「リニアと大型開発・まちづくり」ウォッチング:

« 市税事務所をたずねて | トップページ | 平和を守りぬく!思いひとつに、、、9.5共産党時局演説会 »