« 行政ウォッチング 山口県下関市を訪ねて | トップページ | 秋晴れ!第35回あいち赤旗まつり »

2015年10月28日 (水)

無謀なリニア計画は中止へ!「リニア中央新幹線問題」を考えるつどい

10月24日、共産党中央委員会主催で全国リニア沿線住民や自治体関係者、市民
運動のみなさんとの交流会がウィルあいちで開かれ、党派を超えた380名の参加
で会場は熱気にあふれました。

国会議員は、畑野君枝、もとむら伸子、藤野保史衆議院議員、辰巳孝太郎参議院
議員が出席し、リニアを国家プロジェクトでおし進める安倍政権との論戦のもようを
報告しました。

パネリストには、リニア問題の第一人者である橋山禮次郎氏、日本自然保護協会
の辻村千尋氏、日本科学者会議から長田好弘氏が登壇し、それぞれリニア計画の
経済性や技術、環境保全性の欠如、南アルプスのトンネル工事の無謀さ、大規模
な自然破壊が人間の文化や歴史におよぼす影響は計り知れない
ということを明ら
かにしました。


Photo
定員300名に380名が詰めかけ、資料も足りないほどに


全国のリニア沿線から、各地での運動の取り組みなど活発な発言がつづき、その中
で、この計画を推進しているのは、憲法違反の戦争法を成立させた安倍政権であり、
「アベ政治を許さない」声を広
げることが、リニアをストップさせるちからになる共通
の思いが語られました。そのためには、党派を超えた共同が必要ということも。

私も、西区での運動や議会活動のなかで、そのことを痛感しています。この交流会を
通して、沿線各地の闘いに勇気をもらいました。

翌朝から、国会議員団は県下のトンネル残土の持ちこみ先として候補となっている、
瀬戸市のグランドキャニオン、春日井市の亜炭坑陥没地域などを現地調査しました。
その後、名古屋駅で県・市議団と合流し、開削工事予定地を調査しました。

駅西側で、JR東海が水面下で先行取得していた土地や、立ち退きを迫られようとして
いる近隣のお宅を訪ねて

「代々住んできた土地を売りたくない。絶対ここを動かない」

そんなお声をいくつも聞きました。
国会議員団と県・市議団から、リニア工事の強引な進め方は許されない、私たちも国
会と地方議会で頑張ります、いつでもご相談ください、と申しあげました。


Dscf5269
左からもとむら衆議、江上市議、辰巳参議、畑野衆議、青木
わしの県議、関係者のみなさん


JR東海は、名古屋市の外郭団体まちづくり公社に23億円でリニア用地取得を委託し、
市は公社に職員を21名派遣しています。住民に立ち退き交渉を迫るいわば「下請け」
です。「建設ありき」で急ピッチに進むリニア計画と駅周辺の大改造のもとで、沿線住
民の不安が置き去りにされている
と、改めて実感しました。

リニアそのものの大義のなさと、関連巨大開発一本ヤリは、どう考えても冷静に見直
すべきです。
運動交流会の最終盤では「リニア建設差し止め訴訟」がいよいよ動き出す、と発表が
ありました。あらゆる方向から、中止を迫っていく時です。

私も沿線住民のみなさんとちからを合わせ、市議会でがんばる決意です!

« 行政ウォッチング 山口県下関市を訪ねて | トップページ | 秋晴れ!第35回あいち赤旗まつり »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2044544/62259537

この記事へのトラックバック一覧です: 無謀なリニア計画は中止へ!「リニア中央新幹線問題」を考えるつどい:

« 行政ウォッチング 山口県下関市を訪ねて | トップページ | 秋晴れ!第35回あいち赤旗まつり »