« 国の悪政にもの申す!11.12政府交渉 | トップページ | 11月議会「建築物の安全確保を」共産党提案意見書が可決 »

2015年11月19日 (木)

「子どもたちに銃を持たせない」自衛隊高等工科学校チラシ配布の中止を

名古屋市議団は、市内の中学校で「陸上自衛隊高等工科学校生徒説明会の
ご案内」というチラシが生徒に渡されているとの情報を受け、配布状況を調査
しました。
昭和区では全ての中学校に例年、自衛隊の広報官が生徒説明会の案内チラ
シを持参し、3年生の男子生徒に配布していることが分かりました。

陸上自衛隊高等工科学校は、一般教養とともに戦闘射撃訓練も行い、将来の
自衛官を養成する学校
です。身分は特別公務員で、毎月9万円ほどの生徒手
当が支給されます。
18歳以下の少年に銃を持たせることは、少年兵をなくす種々の国際条約から
照らしても推奨するべきではなく、ましてや教育の現場では尚更です。

市議団は11月17日、市教育委員会に対しこの学校説明会の案内チラシの本市
における配布状況の調査を行うこと、今後は中学校から保護者・児童へ配布し
ないように申し入れ
を行いました。

市教育委員会としての見解は、以下のとおりでした。

「この学校は防衛省の管轄であり、教育委員会としての評価はできない」
「中学校でのこの学校の扱いは、学校長の判断に任せていきたい」

党市議団として、銃を使い射撃訓練も行う学校であることを今後は中学校に十
分説明することも求めました。

最近では、名古屋駅の西側に自衛隊のPRルームが開設され、よりカジュアル
な雰囲気で
自衛隊への勧誘を狙った動きが強まっています。
戦争にまつわる光景が日常化してしまうのは、本当に危険だと感じます。

「子どもたちに銃を持たせない」

この声をさらに広げていきます!




Photo_3

« 国の悪政にもの申す!11.12政府交渉 | トップページ | 11月議会「建築物の安全確保を」共産党提案意見書が可決 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2044544/62583998

この記事へのトラックバック一覧です: 「子どもたちに銃を持たせない」自衛隊高等工科学校チラシ配布の中止を:

« 国の悪政にもの申す!11.12政府交渉 | トップページ | 11月議会「建築物の安全確保を」共産党提案意見書が可決 »