« 「子どもたちに銃を持たせない」自衛隊高等工科学校チラシ配布の中止を | トップページ | 11月議会を終えて »

2015年12月 7日 (月)

11月議会「建築物の安全確保を」共産党提案意見書が可決

横浜市の分譲マンション・杭打ち偽装問題をうけ、市議団は再発防止に向けて、
国会と政府に検査体制の強化を求める意見書を、11月議会に提案しました。

意見書審査のなかで、他会派から、
「建築基準法の改正など具体策はさておき、問題意識は共有できる」
との意見が出され、修正案を経て、全会一致で採択されました。


20151207170328713



このほか、市議団で「臨時国会の早期開催を求める」意見書と、沖縄米軍新基地
問題で「地方自治の尊重を求める」意見書を提案。「地方自治の、、、」については、
私が作成を担当しました。

臨時国会については、憲法第53条に基づき、野党が召集を求めていますが、安倍
政権与党の都合で開会は先延ばしにされています。こちらは採択に至りませんで
した。

沖縄県辺野古新基地は、建設に反対する県を、政府が「禁じ手」をもって告訴する
という異常事態につづいて、今度は徹底抗戦の翁長知事が国を訴えました。
地方自治をないがしろにする政府に抗議する意見書に、他会派から、

「この件に深入りは遠慮したい。地方自治の否定とまでは言えない」

といった消極的意見が出され、全会一致はかないませんでした。
新基地建設の是非はおいてでも、政府の行き過ぎた手法に対しては良識ある判断
を示してほしかった
です。


1449666177381


11月議会で、採決された意見書は次の通りです。

①地方商業の振興
②教職員定数改善計画の早期策定・実施と教育予算の拡充
③子どもの貧困対策の推進と就学及び修学支援に関する制度の拡充
④ブラッドパッチ療法の保険適用及び脳脊髄液減少症の治療の推進
⑤地方大学の機能強化
⑥中学校夜間学級の整備・拡充
⑦建築物の安全確保

« 「子どもたちに銃を持たせない」自衛隊高等工科学校チラシ配布の中止を | トップページ | 11月議会を終えて »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2044544/62891699

この記事へのトラックバック一覧です: 11月議会「建築物の安全確保を」共産党提案意見書が可決:

« 「子どもたちに銃を持たせない」自衛隊高等工科学校チラシ配布の中止を | トップページ | 11月議会を終えて »