« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月29日 (火)

年末年始越冬支援の現場を訪ねて

今日は、港区の旧「船見寮」に開設されている無料宿泊施設を訪問しました。
12月29日から1月4日まで、越冬支援の必要な方たちのために毎年名古屋
市が年末年始を職員の泊まり込み体制で支えています。

入所を受けつけるのは、持ち合わせが25000円未満の単身男性に限り、女
性やその家族は、中村区周辺で市が借り上げた宿泊所に案内されます。
昨年は89人が入所され、現在は74人が利用されているとのことですが、見学
の間に、臨時バスが到着して入所希望の方たちが案内されていました。


Img_5405
旧「船見寮」は60年前当時、港湾労働者向けの寮でした


受付でまず、ハブラシや石けん、タオル等の日用品のセットが支給され、夕方
には温かい食事が用意されます。14時から21時までのお風呂は大変喜ばれ
ているそうです。
入所者全員が「結核検診」を受け、昨年の患者はゼロでした。希望者には、歯
の治療等の相談を受けることが出来ますが、市議団では、越冬支援の拡充と
して「歯科検診」も受けられるようにと健康福祉局に要望しています。


Img_5404
6人向けの部屋に布団が用意されています


案内してくださった保護課の職員は、年始以降も、必要な方に生活保護申請の
援助を、そして入所者の約6割が精神疾患や知的障害を抱えているという実態
をふまえて、人権といのちを守る立場で、自立支援にしっかり取り組みたい、と
話しておられました。


Img_5401
柴田市議、藤井市議、すやま初美参議員候補と聞き取り


夕方は、名城東小公園の越冬支援活動の会場を訪ねました。
今年で41回目を迎えるこの活動は、市民ボランティアのグループに支えられ、
炊き出しや、生活・健康相談、散髪や生活品の提供、野宿者の安否確認など、
毎年12月28日から1月4日まで取り組まれています。
昨年に続き、支援者から寄せて頂いた野菜や衣服、カイロなどを届けました。

初日の利用者は70~80人だったそうですが、今年は暖冬でカイロや毛布等
は要望が少ないとのこと。
会場で気になったのは、街灯がほとんどなく周辺が大変暗かったことで、聞け
ば、公衆トイレにも電灯がないのに驚きました。年末年始の臨時会場とはいえ、
必要最低限のもの。市に現場の状況を伝えようと思います。

越冬支援活動のしおりは、
「今年、国会が安全保障関連法を強行に可決してしまった事から、いつかこの
活動も簡単に踏みにじられはしないかと恐れていますが、そんな事はさせませ
ん!この時期だからこそ「一人の死者も出さない」「仲間の命は仲間で守る!」
をスローガンに団結していきたい」
と呼びかけています。

安保法のもとで、軍事費が過去最高の5兆円規模になるなか、生活保護受給
者の越冬支援費が削減されるなど、弱者の切り捨てが続いています。

憲法に保障された「最低限のくらしを営む権利」が守られ、誰もが暖かい新年
を迎えられるように
、、、市会議員として来年への抱負を新たにしました。


Dscf5604






2015年12月27日 (日)

高浜原発動かすな!関電前の抗議アクションで

12月24日、福井地裁は高浜原発の運転差し止め仮処分をわずか8ヵ月でくつが
えし、再稼働を受け入れる不当判決を下しました。

これを受けて、関西電力東海支社前の原発ゼロアクションでは、

「高浜原発再稼働反対!」
「不当判決ゆるさない!」


プラカードを手に手に、抗議のコールが鳴りひびき、マスコミ各社もたくさん詰め
かけました。

私は、地元消防団の年末特別警戒の出発式に参列したあと遅れて参加し、みな
さんと一緒に抗議の声をあげました。

福井地裁は、昨年5月に大飯原発の再稼働をめぐって、

「原発はひとたび事故がおこれば人命や生活に重大な被害をおよぼし、これを動
かすことは、人格権の侵害行為にあたる」


と、関西電力に対し、大飯原発の運転差し止めを命じる仮処分を決定していまし
たが、今回の高浜と合わせ、住民側の運転差し止め請求を退けてしまいました。

これには、住民の申し立てを認めていた当時の裁判長が異動となり、後任の裁判
長によって、不当にもくつがえされてしまった経緯があります。

「司法の良心」と呼ばれた画期的な判決が、このような形で歪められてしまうのは、
本当に悔しいです。

福井県の原発群にもしものことがあれば、愛知・名古屋も無関係ではありません。

「不当判決ゆるさない!」

ごいっしょに、この声をあげていきましょう!

10479700_709504585852594_8431743481
もとむら伸子衆議員、わしの恵子県議と









2015年12月26日 (土)

名古屋城天守閣整備のタウンミーティング

名古屋城天守閣の整備について、市民と意見交流をするタウンミーティング
各区で開かれ、西区では12月18日に行われました。

名古屋城は、昭和20年に戦災で焼失し、昭和34年に鉄骨鉄筋コンクリート造で
復元されました。再建から56年経過した現在、設備の老朽化への対策が必要
となっています。
天守閣の復元については、これまでの市民アンケートの結果「耐震化」を望む
声が約7割
となっていますが、河村市長は400億円をかけた「木造復元」を譲ら
ず、しかも2020年の東京オリンピックまで5年ほどで完成させると強弁し、市議
会でも大論争となりました。

そこで「木造復元」について市民の思いは?と開催されるタウンミーティングで
したが、、、
西区では200名以上の参加で会場は満員に。古くからの城下町として、お城へ
の関心の高さがうかがえます。

市長は「木造かコンクリか、木造は今やらないと江戸城(復元計画中)に材木を
全部もっていかれる。今が最後のチャンス」と二者択一を繰り返し強調しました。

会場からの発言には、名古屋城への愛着や、史実に忠実な木造復元を望む声
がある一方、材木の調達やバリアフリー化の問題、多額の建設費による市民の
くらしへの影響は?といった疑問がありました。
また、
「名古屋城の歴史的な価値を守るためには、もっと時間をかけてやるべき。5年
くらいでやろうとするのは大変な無理がある。スタートラインに戻って現状の物を
補強すべき」

といった意見には、会場から拍手があがりました。

これに対する市長の答えをまとめると、、、

河村市長)
江戸城は皇居でもあるので、計画は頓挫してる。非常にラッキー。仮に始めると
材木を取られるので名古屋城はダメになる。今が空前のチャンス。
文化庁は木造しか認めないと、、、検討委員会でその意見が出る可能性が非常
に高い。木造以外に考えられない。
バリアフリー化は(これから請け負う業者の)技術提案を待ってる。ワシはエレベ
ーター反対です。火事が起きたら止まる。車いすはみんなで運ぶか吊り上げる。
ぜひ木造で名古屋の自慢を作りましょうや。世界一のどえりゃあモンになる。
本丸御殿になんで10年もかかるのか、まぁ、騙されとったわけです。
世界中から来ますよ名古屋城に。やれんかったらしょうがない。東京はなんです
か、あれ?クソみたいに威張っとる。江戸城を先にやられたら、まぁコンクリート
で300年あきらめんといかんですわ。取り返しつきません。4~5年で無理ではな
くて、今やらないと出来ないということ。
市民生活に影響はいうと、「名古屋城債」を発行しますので、ぜひ買ってちょう。
変なとこにお金預けるよりも。名古屋市債は毎年1500億。瞬間蒸発でみな売れ
ます。持ってるのは銀行や証券会社。どえらげにゃあ銀行が儲かっとる。騙され
ちゃあいかんですよ。銀行にクソみたいに金があつまっとる。
みなさん直接「名古屋城債」買ってください。絶対つぶれませんよ。利息も10倍
以上、儲かるんですよ。そうして儲けてから福祉に使えるようになる。日本一の
福祉のまちが出来てくると。そのためには投資がいる。福祉に400億使ったら終
わりですよ、いっぺんで
、、、

会場からの発言は7名までとされましたが、当たらなかった方も多くみえました。
当局から客観的な説明があったものの、貴重な時間の大半が市長の持論展開
に費やされました。
積極的に「市民の声を聴く」タウンミーティングとしては、進行のうえで疑問が残り
ました。

天守閣木造復元に対する文化庁の見解についても、
「出来る限り史実に忠実な木造復元が望ましいが、それ以外の工法の可能性を
排除するものではない」

ということが確認され、市長が「文化庁は木造復元しか認めない」というのには、
明らかな「誇張」があります。

また、何かにつけて「クソだ」(再現するのもはばかられますが)と罵倒するのは
市長として厳に慎むべきです。

そして、
「福祉に400億円も使ったらいっぺんで終わりですよ」
これは身も蓋もない暴言です。市民を前にして市長が口にする言葉ではないと
怒りを覚えました。

名古屋城天守閣の木造復元については、来年、2万人規模の市民アンケートの
実施が予定されていますが、それまでに6回開催されるタウンミーティングでも
「市民の判断にゆだねる」という主旨をふまえて、市長の一方的な説明の場で
終わらないよう、しっかりチェックしていくことが必要だと強く感じました。


Dscf5545





2015年12月19日 (土)

「住民おきざり」リニア建設

名古屋市は、2027年のリニア開通を見すえた名古屋駅の大規模改造計画の
具体化を進めています。
しかし、リニアにかかる沿線住民の立ち退き問題をめぐって「住民おきざり」
の実態が明らかになってきました。

リニアの新駅建設で買収が必要な土地は約2万3千平方メートルで、地権者
は約120人と言われています。
事業主のJR東海は、用地取得のための「立ち退き」交渉を、市の外郭団体
「まちづくり公社」に委託し、市は公社へ21人の職員を派遣しています。

今年6月に開かれたJRの用地説明会で、初めて立ち退きの対象であることを
知ったという名古屋駅西側の地権者の方がたは、

「公社から、補償の具体的な内容は秋頃にとあったが、連絡が途切れ、JRの
窓口に問い合わせてもはっきり答えてくれない」
「移転の了解を問いもせずに、家に入って建物査定を、と申し入れがあった」


と、JRや公社への不満を募らせています。

私が担当する2つの委員会では、この間、名古屋駅周辺のまちづくりについて
審議し、JRとの懇談会をもちました。

懇談会で私は、地権者が立ち退きに関わる情報が得られず、不安を抱えてい
る実態にふれ対応を求めましたが、JRからは、

「こちらに訊かれても把握はしていないし測り兼ねる。公社や市が答えればい
いのでは?」


と、驚くような返事が返ってきました。事業主はいったい誰!?

公社に職員を派遣している住宅都市局の担当は、JRがリニア駅と沿線住宅
との境界を示す設計図をまだ公表していないので、地権者に説明できなかっ
た、、、としています。
また、駅の東側にあたる西区では、立ち退きでなくとも土地の利用にあたって
リニアのトンネルに影響しないよう、建物の重量や、基礎杭の長さに制限が
かかってきますが、ここでも詳細が明らかにされないままです。

沿線住民に対する責任をあいまいにすることは許されません。



20151219_165640_2
「立ち退き 狂う人生設計」中日新聞12月17日付

2015年12月16日 (水)

年末年始ホームレス援護対策を市議団で申し入れ

名古屋市は、毎年年末年始、支援が必要な方たちのために臨時相談所の開設、
12月29日~1月4日まで無料宿泊施設を設置するなど、支援対策を行っています。

12月14日、共産党市議団は、支援の拡充を求めて健康福祉局に申し入れました。

「24時間の店などで夜を明かす若者のため、支援制度の周知活動にちからを」と
申し入れ、 対応した健康福祉局長が、「昨年は、中村区と中区のネットカフェ18
店舗の協力でチラシを配布した。 今年も取り組む」と答えました。

合わせて「無料宿泊所の入所者に結核検診に加え歯科検診の実施 」
「バランスの摂れた温かい食事の提供」を要望しました。

また、入所者の約7割が、精神疾患もしく は知的障害を抱えているという実態調
査を紹介し、自立支援もふまえ、この期に集中的に相談体制 を整えて欲しいと
要望しました。
局長は、「この調査結果にはショックを受けている。個々の事情に合 わせた息の
長い支援が必要だが、頑張って取り組みたい」と前向きに答えました。


Photo_3
纐纈(こうけつ)健康福祉局長に


昨年12月30日には、わしの恵子議員とともに、中区の若宮高架下で行われたホ
ームレス支援活動に、お米や野菜などを届け、激励に出かけました。

ボランティアグループからなる名古屋越冬実行委員会が主催しているものですが、
毎年、年末年始の炊き出しや、生活・健康相談、散髪、野宿者の安否確認などに
取り組んでいます。

「誰もが安心して新年を迎えられるように」今年の年末も、越冬支援会場に寄せて
頂きたいと思います。


Dscn8303
開場では「共産党に期待してる」と声をかけて頂きました


  

2015年12月15日 (火)

蟹江町避難高台「希望の丘」を訪ねて

蟹江町「希望の丘」広場は、旧蟹江高校の跡地を利用し、社会教育と防災拠点を
兼ね備えた施設
として、今年4月にオープンしました。

旧校舎の半分を管理棟とコミュニティースペースに改築し、普段はダンスレッスン
利用できるフローリング場や、多目的利用できる部屋も備えています。


1450183924830
左が管理棟。真ん中が高台。右は設楽町の間伐材を
使ったトイレ。


災害時には750人収容でき、避難用物資等が備蓄されています。高台は高さ4.5m
で水害発生時は500人が一時避難でき、普段は眺望の良い見晴らし台にも。
また、広場には、バーベキューの炉が設置され、フットサル場も隣接。町の憩いの
場として親しまれているそうです「防災と憩い」の可能性を大いに学べました。


Photo_2
清々しい眺め、、、広場でテントを広げてくつろぐ人も
見えました


高台の整備には、地元の建設会社が起用され、その優れた技術で、静岡県袋井
市の津波避難施設「命山」の整備も同じく請け負ったと聞き、感心しました。

もう一つ感心したのは、非常口に取り付けられた「防災ボックス」で、震度5以上の
地震が発生すると、自動的にボックスが開錠され、施設のカギが取り出せるという
便利な設備です。


Photo
震度5以上で自動的に開くボックス。約30万円だそうです


名古屋市でも、防災施設のカギの管理は課題となっているので、これはぜひ取り
入れたいものです。
ご案内くださった蟹江町議会の議長と副議長、役場のみなさん、そして板倉浩幸
共産党町議、どうもありがとうございました。

2015年12月 9日 (水)

11月議会を終えて

今月7日、名古屋市11月議会が閉会しました。

日本共産党名古屋市議団は、本会議質問に5人が立ちました。

①いじめが原因と疑われる中学生自死事件を繰り返さない教育について
 (山口清明議員)
②・名古屋城天守閣の木造復元による経済波及効果について
  ・学童保育への助成制度の拡充について(柴田民雄議員)
③・学校給食調理業務の民間委託について
  ・名古屋市の公害の歴史を伝える取り組みについて(さはしあこ議員)
④繁華街における「キャッチ」の実態をふまえた対応について(藤井ひろき議員)
⑤・子どもの貧困対策について
  ・会議保険の「改正」による影響について (岡田ゆき子議員)


質問のそれぞれは、市会議員団のHPに詳しくアップされていますので、どうぞご覧
ください。
http://www.n-jcp.jp/category/topics


11


閉会の日に、私は金城ふ頭市営巨大駐車場の建設費増大に反対する討論に立ち
ました。

再来年3月予定のレゴランド開業までに間に合わせると急ぐあまり、土壌調査などを
「見切り発車」した結果、見通しが大幅にはずれ、対策費に多額の追加費用が生じ
たのです。
これにより、建設費だけで193億円以上に膨らみました。討論では触れませんでした
が、土地代38億円、消費税を加えると、事業費全体で230億円を超えました

今後も費用の増大が心配です。ずさんな計画のツケを市民の税金にまわすことは
許されません。この補正予算は、共産党以外の賛成多数で可決されました。

請願「リフレッシュ保育の拡充」の採択を求める討論には、高橋ゆうすけ議員が立ち
ましたが、採択はかないませんでした。
育児疲れを解消したい、そんなささやかな願いが届かず、暮らしとかけ離れた大型
事業には迷わず税金投入、、、市政がどこを向いているのか、あらためて目の当り
にする思いでした。



【補正予算反対討論の全文】

平成27年度11月定例会 一般会計補正予算の反対討論
青木ともこ

日本共産党名古屋市会議員団を代表して、一般会計補正予算に対し、反対の立場
で討論を行います。反対の理由は、金城ふ頭集約駐車場の建設費について、レゴ
ランドとの事業契約を急ぐあまり、「見切り発車」におよんだ結果、費用が大幅に増
大したことです。増加額にして24億5000万円余。消費税ぬきです。

なぜ、これほどまで増えたのか?その経緯は以下の通りです。
金城ふ頭集約駐車場は、5000台規模の市営立体駐車場として、レゴランド開業の
再来年3月までを工期としました。一昨年、建設予定地内で営業中であった店舗の
移転を待たずに、土壌汚染と地盤の状態について、店舗より数キロ離れた地域の
過去の測定値や、店舗の周辺4箇所のボーリング調査をもとに、推定値が見込まれ、
建設契約が交わされました。

ところが今年7月、当該店舗の移転後、更地となった土壌の調査を始めたところ、推
定を大幅に超える汚染が全域で判明し、地盤についても、支持層の薄い箇所が確
認されました。これによって、新たに汚染土の県外運搬処理作業が加わり、支持層
の杭打ちにも補強が必要となったうえ、資材の高騰などにより、多額の追加費用が
生じたのです。

なぜ、こうなってしまったのか?その背景には、ひたすらレゴランド開業までを工期
とする、時間的制約のなかで、まっとうな調査の手続きにさえ、目をつぶらざるを得
なかった、この事業計画そのものの問題点があると言わなければなりません。

金城ふ頭集約駐車場の建設費は、この度の変更で193億円以上にまで膨らみまし
た。費用は使用料収入をもって、30年でまかなうとしていますが、その見通しが保証
されるものではありません。本来なら、この駐車場を必要とするレゴランド等の民間
事業者も費用負担すべきです。今後も、建設費が増大しないという保証はなく、この
ままでは際限のない税金投入につながるのではないかと、これまでわが会派は懸念
を述べて来ました。この度の増額に至った経緯も、これだけ大がかりな事業でありな
がら、あまりにもずさん、そう言わざるを得ません。

以上の理由から、債務負担行為の金額変更は認められないと申しあげ、この期に、
事業の抜本的な見直しを強く求めて、討論を終わります。

2015年12月 7日 (月)

11月議会「建築物の安全確保を」共産党提案意見書が可決

横浜市の分譲マンション・杭打ち偽装問題をうけ、市議団は再発防止に向けて、
国会と政府に検査体制の強化を求める意見書を、11月議会に提案しました。

意見書審査のなかで、他会派から、
「建築基準法の改正など具体策はさておき、問題意識は共有できる」
との意見が出され、修正案を経て、全会一致で採択されました。


20151207170328713



このほか、市議団で「臨時国会の早期開催を求める」意見書と、沖縄米軍新基地
問題で「地方自治の尊重を求める」意見書を提案。「地方自治の、、、」については、
私が作成を担当しました。

臨時国会については、憲法第53条に基づき、野党が召集を求めていますが、安倍
政権与党の都合で開会は先延ばしにされています。こちらは採択に至りませんで
した。

沖縄県辺野古新基地は、建設に反対する県を、政府が「禁じ手」をもって告訴する
という異常事態につづいて、今度は徹底抗戦の翁長知事が国を訴えました。
地方自治をないがしろにする政府に抗議する意見書に、他会派から、

「この件に深入りは遠慮したい。地方自治の否定とまでは言えない」

といった消極的意見が出され、全会一致はかないませんでした。
新基地建設の是非はおいてでも、政府の行き過ぎた手法に対しては良識ある判断
を示してほしかった
です。


1449666177381


11月議会で、採決された意見書は次の通りです。

①地方商業の振興
②教職員定数改善計画の早期策定・実施と教育予算の拡充
③子どもの貧困対策の推進と就学及び修学支援に関する制度の拡充
④ブラッドパッチ療法の保険適用及び脳脊髄液減少症の治療の推進
⑤地方大学の機能強化
⑥中学校夜間学級の整備・拡充
⑦建築物の安全確保

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »