« 北医療生活協同組合西ブロック 新春もちつき大会 | トップページ | 議員定数けずらず市民に寄りそえる市政に »

2016年1月25日 (月)

住民不在で学校給食の委託化を進めるな

名古屋市は今年4月から、市内3小学校で給食の調理業務等の民間委託を
導入
しようとしています。
対象は、荒子小(中川区)大清水小(緑区)西山小(名東区)のマンモス3校と
していますが、、、

共産党は昨年11月議会、さはしあこ議員(緑区)が本会議質問で、安心・安
全な給食に直営・自校式は不可欠
と、委託化に反対しました。

1月23日、名東区西山小学校で教育委員会主催の保護者説明会が開かれ参
加しましたが、会場は体育館と思ってたらなんと特活室にイスが50ほど。
しかも参観日の前時間に設定され、やむなく中座する親御さんが多数みえま
した。

この説明会の告知については、「保護者に渡すように」と児童に通知書が配
られただけ、というのにも驚きました。内容も委託化方針決定の「事後報告」
です。


12509259_1677842225766226_471444834


説明にあたった教育委員会の担当は、民間活力の導入で、効率性重視、最小
の経費で最大の効果が期待できると強調しましたが、子どもの食育に経済効
率性や合理化を持ちこむのが相応しくない
のはもちろん、保護者からは、委託
化による品質管理やチェック体制への不安と疑問の声が相次ぎました。

また、
「委託化の決定にどうして親が関われないのですか?」
「反対しても、決まった事なんですか?」

と、憤りの声もあがりました。

担当は、
「PTAの合意はありません。大変申し訳ない、、、」
「ご理解頂けるよう努力します」
と答るばかりでした。

これをもって、保護者に説明しましたというのではあんまりです。

河村市長は、
「そろそろ給食民営化のタブーに挑戦する時」
と発言したことがありますが、民営化によって現場では、食中毒や異物混入、
不安定雇用でスタッフの入れ替わりが激しく現場の連携が崩れるなど、多くの
支障を来たしています。
子どもたちに合理化のリスクを負わせられません

まもなく始まる2月議会が大きな山場です。
住民不在で一方的に進める給食民営化はストップをかけましょう。

食の安全が叫ばれる今こそ、安心安全な直営・自校式給食を守ろうと、「なご
やの学校給食をよりよくする会」のみなさんが委託化反対の請願署名に取り
組んでいます。
私もみなさんとちからを合わせて参ります!


Photo

 

« 北医療生活協同組合西ブロック 新春もちつき大会 | トップページ | 議員定数けずらず市民に寄りそえる市政に »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2044544/63637765

この記事へのトラックバック一覧です: 住民不在で学校給食の委託化を進めるな:

« 北医療生活協同組合西ブロック 新春もちつき大会 | トップページ | 議員定数けずらず市民に寄りそえる市政に »