« 夏の参議院選挙めざし決起集会 | トップページ | 熊本地震 被災地支援の募金活動引きつづき »

2016年4月16日 (土)

熊本地震 被災地支援の募金活動

4月14日午後9時26分頃、熊本県を震度7、マグニチュード6.5の大地震が
襲いました。

その後も熊本市を中心に、九州の広域で絶え間ない余震が続き、16日午前
1時25分頃、震度6強、マグニチュード7.3の大きな地震が発生し、95年の
阪神淡路大震災級と発表されました。

一連の地震により、亡くなられた方々は34名にのぼり、負傷者は1000名近
い(19時現在)との報道があります。心からのお見舞いを申しあげ、行方不明
の方々の一刻も早い救助が進むようにと祈ります。

家屋の倒壊や、土砂災害現場のもよう、被害の広がりがテレビに映し出される
たびに胸が痛みました。

「こちらで何か出来ることはないか」と、昨日と今日、被災地支援の募金活動を
地元で始めました。


Dscf6215
信号待ちで立ち止まって、、、


街頭では、「何かの時はお互いさまです」と、みなさん募金に応じてくださり、特
に若い方たちが次つぎに協力してくださいました。


Dscf6202
若いカップルが2人で相談しながら、、、


Dscf6212
犬の散歩の途中で、、、

短い時間ですが、2日間で17917円が集まりました。
みなさんから寄せていただいた、温かい募金は日本共産党中央委員会を通じ
て、必ず被災地に届けます。ありがとうございました。今後も、募金活動を続け
たいと思います。

日本共産党は、14日にも熊本地震対策本部を立ち上げ、現在、国会議員団が
現地に入り、救援活動に全力をあげています。

名古屋市は、応急給水活動に現地へ11名を派遣、給水タンク車や緊急自動車
など計5台、災害用飲料水38箱など、被災地支援にあたることを発表しました。

被災地は明日の朝にかけて豪雨や土砂災害が警戒されるとのことで、被害の
拡大が心配です。現地に向かう職員のみなさんも、十分に気をつけて、救援活
動をお願いしたいと思います。

地震は、熊本県から大分県や鹿児島県、四国の愛媛県から東に渡って、広い
範囲で発生しており、活断層に沿って、今後も地震の連鎖が心配されています。

現在、唯一稼働している、鹿児島県の川内原発1・2号基、そして愛媛県の伊方
原発に「もしも」のことがあってはと、稼働停止を求める声があがっています。

政府は「異常はない」と停止させる予定はないとしていますが、活断層が活発化
しているなかで、原発を動かし続けるのは、本当に危険だと思います。

« 夏の参議院選挙めざし決起集会 | トップページ | 熊本地震 被災地支援の募金活動引きつづき »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2044544/65008202

この記事へのトラックバック一覧です: 熊本地震 被災地支援の募金活動:

« 夏の参議院選挙めざし決起集会 | トップページ | 熊本地震 被災地支援の募金活動引きつづき »