« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月27日 (月)

青木ともこ事務所ニュース6月26日号

1週(6月19日号)お休みして、「青木ともこ事務所ニュース」おとどけします。

2016年6月26日号記事

6月議会質問「名古屋のヘイトスピーチ対策 スタートラインに」
6月議会質問「市民意無視の名城天守閣木造化」
6月議会質問「避難所の簡易スロープ設置」
青木ともこの活動日誌 6月9日~6月22日


20160626_01

2016年6月23日 (木)

2016参議院選挙がスタートしました!

6月22日、参議院選挙が公示されました。7月10日投開票まで18日間の戦い
です。

日本共産党は、比例で全国850万票、9議席の獲得と、愛知選挙区すやま初美
候補の必勝をめざします。

公示の当日、名古屋市栄の噴水広場で出発式を開催し、すやま初美愛知選挙
区候補、たけだ良介比例候補の押しあげに、小池あきら書記局長と、もとむら伸
子衆議院議員が駆けつけ、名古屋市議団も12名そろって並びました。

すやま候補は、その後西区内の5ヶ所で訴え、どのポイントでも、多くのギャラリ
ーと応援であふれ、報道陣が詰めかけました。

すやま候補は、「野党共闘のど真ん中でふんばる日本共産党をどうか勝たせて
ください!」と気迫で訴えました。

日本共産党とすやま候補を勝たせてください!


13533181_1031747000254966_791032316
小池書記局長訴え中。前に県議と市議がズラリ


P1040973
左からたけだ比例候補、すやま選挙区候補、小池あきら
書記局長、もとむら伸子衆議院議員


P1040985
元気に出発!!


P1030016
どこでも声がかかります

2016年6月20日 (月)

名古屋の「ヘイトスピーチ対策」スタートラインに  6月議会個人質問①

6月17日午後、先の国会で成立した、いわゆる「ヘイトスピーチ対策法」の成立
を受けて、名古屋市における「ヘイトスピーチの解消に向けた取り組みについて」
本会議質問を行いました。
ヘイトスピーチは、特定の民族を、社会から排除することを目的とした差別扇動
行為で、日本の深刻な人権侵害問題です。

この質問に先立ち、名古屋市では、5月29日、市内の繁華街で、在日コリアンに
対するヘイトスピーチを繰り返してきた団体が、集会とデモを計画し、反対する市
民グループが、公園の使用許可取り消しを求めましたが、応じられず、予定通り
集会とデモが行われました。

対策法成立の直後であっただけに、名古屋市だけでなく、全国に失望が広がり、
しかも、河村市長は、翌日の記者会見で、デモ団体が「朝鮮学校補助金を減額
したことを評価する」と発言していたことに、

「ほめていただいて、ありがたい」

と驚きの感想をもらしたのです。

差別への同調ととられかねない市長の”放言”は、波紋を広げました。私は、市
長のこの発言をきっかけに、6月議会で、ヘイトスピーチ問題を取り上げる決心
をしました。

翌週の記者会見で、市長は自分から、

「ヘイトスピーチの質問はありませんか?」

と記者たちに投げかけ、

「(先週の発言について)ありがとうに深い意味はなかった」

と弁明し、「大阪のヘイトスピーチ抑止条例を参考にしたい」などと述べました。
この市長の急変ぶりに、ネット上では、「対策法成立と世論のちからだ」との声が
上りました。

しかし、ヘイトスピーチに関する「表現の自由」について、市長の認識を質す必要
がありました。

質問は3点。市長と関係局の答弁趣旨は以下のとおりです、、、

①「ヘイトスピーチは表現の自由として許されると思いますか?」
→市長 「本邦外出身者を排除する、と言うようなことは、許されるものではない」

②「名古屋市のヘイトスピーチ対策の取組みとスケジュールは?」
→市民経済局長 「法務省と連携してポスター、相談窓口、啓発活動など… 各関
係局で庁内連絡会を発足、他都市の取り組みの調査を進める」

③「愛知県の大村知事はヘイトスピーチを行う団体には、県の施設の使用許可を
出さないという方針を固めつつある。名古屋市も愛知県と連携してはどうですか?」
→市長 「はい、連携して色々やっていきます」

市長からの反論など、色々想定して準備をしていましたが、回答が予想外に端的
だったことと、対策に向けたスタートラインに着いたことが確認できました。

これから、市長と庁内連絡会が答弁どおりに、ヘイトスピーチ解消に向けた対策
の具体化を意欲的に進めるよう、こちらも働きかけをつづける必要があります。
また、市長が「参考にする」とした、大阪市の「ヘイトスピーチ抑止条例」が、「事後
対応」のしくみであることから、ヘイトデモの「未然防止」を望む多くの市民の声を、
絶えず届けなければなりません。

この質問づくりにあたっては、差別を許さない市民のみなさん、ヘイトスピーチ被害
の当事者である方たち、そして、ネット上で、各地から応援や助言をいただいたこと
が大きな支えでした。あらためて感謝を申し上げます。

質問の全文は、次回のブログに掲載いたします。


Blog


20160618_161833_2
朝日新聞6月18日付 朝刊

2016年6月17日 (金)

名古屋市会6月定例会 質問日程

本日から、本会議質問日程がスタートしました!

6月17日(金)
10時ごろ~江上博之議員(中川区)
市民の思いに寄り添った名古屋城のあり方について

13時ごろ~青木ともこ(西区)
ヘイトスピーチの解消に向けた本市の取り組みについて

6月20日(月)
10時ごろ~西山あさみ議員(中区)
1.新堀川上流部における悪臭の原因調査及び対策について
2.保育所等待機児童対策について

12時45分ごろ~さはしあこ議員(緑区)
1.小規模校対策について
2.アジア競技大会の誘致について

6月21日(火)
10時15分ごろ~岡田ゆき子議員(北区)
熊本地震の教訓から学ぶ地震対策について

議会傍聴にぜひお出かけください!
ネット中継と録画もごらんになれます。

くわしくはこちらからどうぞ!
http://www.city.nagoya.jp/shikai/category/329-0-0-0-0-0-0-0-0-0.html



13406735_1068933726509951_544601386

2016年6月12日 (日)

「力あわせ未来ひらく」選挙に!参院選事務所びらき

6月11日、日本共産党愛知県委員会は、11日後に公示が迫る参議院選挙で、
愛知選挙区すやま初美予定候補の必勝と、比例850万票以上、9議席獲得を
めざして、たけだ良介・すやま初美合同事務所をオープン
しました。

ゲストスピーチでは、安保関連法に反対するママの会@愛知から、そして安保
法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合@愛知の愛敬浩二氏から、
激励のメッセージが寄せられました。

すやま予定候補は、
「今度の選挙は”いのち”の選挙。安保法制=戦争法をめぐって、憲法9条に手
をつけようとする安倍政権を倒すために、全力で勝ちに行きます!」

たけだ良介比例候補は、「市民と野党がちからを合わせて戦う選挙。共産党が
伸びれば政治が変わります!」

と訴えて、大きな拍手に包まれました。

もとむら伸子、しまず幸弘両衆議員と、地方議員を代表して、わしの恵子県議
は、県会と国会をつないで、政治を大きく変えられる、すやまさんとたけださん
をなんとしても国会へ!と、ちから強く訴えました。

6月22日公示、7月10日投開票の参議院選挙。
市会は6月議会の真っ最中の選挙戦になりますが、名古屋市政を変える大き
な流れを、この参議院選で作り出すため、私も精いっぱいがんばります!



Dscf65691
市民連合の方々に「これはみなさん初めてかも知れませんが、
ごいっしょに、、、」と解説しつつ、「団結ガンバロー!!」


Dscf65481
巨大”C”看板が出現!迫力です

青木ともこ事務所ニュース6月12日号

今週も、「青木ともこ事務所ニュース」おとどけします。

2016年6月12日号記事

民意ハッキリ、名古屋城アンケート
リニア「非常口」の説明会
 6月市議会が始まります
青木ともこの活動日誌 6月2日~6月8日

X

2016年6月 7日 (火)

西区下水道工事現場の道路陥没

6月4日9時49分ごろ、名古屋市西区天神山町の下水道工事現場で、縦
10メートル、横6メートル、深さ5メートルにわたり、道路が陥没する事故
が発生しました。

事故のあった現場周辺は、中学校、高校、バス停が近いのですが、幸い
陥没による市民や作業員の人身事故等起こらず、ほっとしました。


20160607_111145
生々しい陥没のようす、、、


この下水道工事は、大雨の時に水をためておく、地下約30メートルの貯留
管に横穴でパイプを接続するもので、東海豪雨に続き、平成20年8月末豪
雨により、大浸水被害を受けたこの浄心地域で、1時間60ミリ降雨に対応
する雨水対策(浄心雨水幹線下水道築造工事)の一環でした。


20160607_112151
雨水貯留の完成図。事故当時、イラスト右手「特殊マンホール」
(直径8メートル、深さ32メートル)の底で横穴工事作業中でした


陥没の原因については、横穴パイプ(イラスト)の工事中に土砂が流出した
ものと予想され、土砂の流出については、原因を調査中とのことです。
名古屋市と工事業者は当面、片側車線をふさいで、安全に十分配慮しなが
ら、復旧作業と地盤調査にあたるとしていましたが、2日後の6月6日17時
45分ごろ、反対車線で縦3メートル、横80センチ、深さ40センチの新たな
陥没が発生したため、現場は通行止めとなりました。


Dscf6504
わしの県議とともに現場を確認。特殊な作業車で地中に薬液注入
して地盤を固めています


1465263209914
この事故により、市バスの迂回が必要になり、臨時バス停が設置
されました


復旧や通行止めの解除時期の見通しは立っていませんが、また新たな
陥没などが起こらないよう、事故の原因究明と復旧作業に頑張っていた
だきたいと思います。

2016年6月 4日 (土)

青木ともこ事務所ニュース6月5日号

今週も、「青木ともこ事務所ニュース」おとどけします。

2016年6月5日号記事

ヘイトスピーチに「ほめられ、うれしい」 ~河村市長の発言にあ然!~
調理委託の給食に異物混入 ~党市議団が厳格な対応を申し入れ~
生活道路の路面表示がキレイに ~改修工事が進んでます~
青木ともこの活動日誌 5月26日~6月1日

名古屋市議会6月定例会は、14日から30日の日程です。

X

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »