« 青木ともこ事務所ニュース6月5日号 | トップページ | 青木ともこ事務所ニュース6月12日号 »

2016年6月 7日 (火)

西区下水道工事現場の道路陥没

6月4日9時49分ごろ、名古屋市西区天神山町の下水道工事現場で、縦
10メートル、横6メートル、深さ5メートルにわたり、道路が陥没する事故
が発生しました。

事故のあった現場周辺は、中学校、高校、バス停が近いのですが、幸い
陥没による市民や作業員の人身事故等起こらず、ほっとしました。


20160607_111145
生々しい陥没のようす、、、


この下水道工事は、大雨の時に水をためておく、地下約30メートルの貯留
管に横穴でパイプを接続するもので、東海豪雨に続き、平成20年8月末豪
雨により、大浸水被害を受けたこの浄心地域で、1時間60ミリ降雨に対応
する雨水対策(浄心雨水幹線下水道築造工事)の一環でした。


20160607_112151
雨水貯留の完成図。事故当時、イラスト右手「特殊マンホール」
(直径8メートル、深さ32メートル)の底で横穴工事作業中でした


陥没の原因については、横穴パイプ(イラスト)の工事中に土砂が流出した
ものと予想され、土砂の流出については、原因を調査中とのことです。
名古屋市と工事業者は当面、片側車線をふさいで、安全に十分配慮しなが
ら、復旧作業と地盤調査にあたるとしていましたが、2日後の6月6日17時
45分ごろ、反対車線で縦3メートル、横80センチ、深さ40センチの新たな
陥没が発生したため、現場は通行止めとなりました。


Dscf6504
わしの県議とともに現場を確認。特殊な作業車で地中に薬液注入
して地盤を固めています


1465263209914
この事故により、市バスの迂回が必要になり、臨時バス停が設置
されました


復旧や通行止めの解除時期の見通しは立っていませんが、また新たな
陥没などが起こらないよう、事故の原因究明と復旧作業に頑張っていた
だきたいと思います。

« 青木ともこ事務所ニュース6月5日号 | トップページ | 青木ともこ事務所ニュース6月12日号 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2044544/65890616

この記事へのトラックバック一覧です: 西区下水道工事現場の道路陥没:

« 青木ともこ事務所ニュース6月5日号 | トップページ | 青木ともこ事務所ニュース6月12日号 »