« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月31日 (水)

リニア名城非常口の工事現場と沿線聴き取りへ

8月28日、もとむら衆議院議員、わしの県議、党市議団とすやま初美・
党県常任とで、リニア名城非常口の工事現場調査と沿線住民の聴き取
りを行いました。

名城非常口は、中区三の丸・愛知県警東側の名城東小公園に新設され
、深さ90m、直径40mのたて穴で、リニアトンネル工事の「土出し穴」に
した後は、ルートの5kmごとに設置される非常口となります。工期は20
19年9月末予定。

もとむら議員は、これまでリニア問題を取りあげ続け、このたび、国がJR
東海に対し3兆円の公的資金を投入する方針を受け、9月の臨時国会で
追及するために現地調査に入りました。

6月に近隣住民への工事説明会が開かれましたが、工事車両走行によ
る周辺の環境悪化を訴える声や、車両ルートの沿線に住む住民からは、
「この道は普段から大渋滞を起こす場所なのに、現地をちゃんと調査した
のか?」など、JR東海への厳しい指摘が相次ぎました。

また、会場から要望が出されていた「養生囲いの一部を透明にして工事
が見えるように」との要望については、翌日に設置されたものの、内側を
トラ柵でふさいで隠しているのです。以前にブログでお知らせしましたが、
いまだにそのままの状態!

実物を見て、全員であらためてあ然としました。これでは不誠実な対応を
アピールしているようなものです。

Photo
「なにこれ、、、」左からすやま常任、柴田、わしの、西山
青木、もとむら各議員

非常口工事にともなう残土をどこへ持っていくのかは不明です。なので、
工事車両の走行ルートはあくまで「予想」。これでは近隣住民が不安に
なるのも当然です。

工事が始まってまもなく、敷地内で鉛などの土壌汚染が見つかり、現在
は地表から地下へと調査を広げ、結果を受けて公表すると市の担当局
が答えましたが、まだしばらく先とのことです。今後も状況を追って行か
なければなりません。

現場を移動して、リニアが真下を通過する西区那古野(なごの)地域に
入り、住民の方たちから聴き取りをしました。こちらでは、

「中心線の測量の時と区分地上権の説明は聴いたが、以降は何も言っ
てこない」
「JR東海の説明態度は上から目線。聴く耳もたずで、(もう決まったこと
だから)という態度」
「駅西側の中村区では、立ち退きの話を聞く。移転先で商売がやってい
けるか不安だと」
「JR東海が全部やるといってたのに、国がお金を出すと言い出した。こ
れは論外」
と厳しい声がありました。もとむら議員は、「国が公的資金を出すという
ことで、これからは正面切って追求ができます」と答えました。また、別の
お宅では、

「新幹線でじゅうぶん。リニアって必要あるの?と周りもいう。これ以上堀
り返してどうするの」
「電磁波の危険性はまだ解明されないのに、よく完全否定できるなと思う」

という批判もあがりました。
愛知県も名古屋市も、リニア開通を起爆剤にした「稼げるまち」づくりにま
すます浮き足立っています。名古屋駅の大改造や県内の道路建設と、関
連大型事業に莫大な税金が投入されようとしています。将来に大きな市
民負担となりかねないリニア関連開発は見直すべきです。

市会と県会と国会を結んで、リニア問題を追及する決意です。

Dscf7038

2016年8月28日 (日)

「市立保育園の直営存続を」党市議団が緊急申入れ

名古屋市は、現在111園ある市立保育園を78園まで削減・民間移管する計画
を定め、2018年までに20ヶ所の民営化を目標としています。

今年度は4園の民間移管に向けた公募が行われ、北区の味鋺(あじま)保育園
は応募がゼロでした。市は再公募する方針ですが、公募要件が緩和される恐れ
があります。
党市議団は26日、河村たかし市長に、計画の中止を緊急に申し入れました。

申し入れで岡田ゆき子議員(北区)は、同園の保護者から寄せられている「保育
園がどうなるのか心配」「公立のまま存続してほしい」という声を紹介し、「公募要
件が変われば、保育所間で格差が生じ、現行の保育の質を維持してほしいとい
う保護者の願いに背くことになる」と訴え、応対した佐藤良喜子ども青少年局長
に、同園の再公募は行わず、公立保育園として存続させるよう強く求めました。

P10206191
右から、柴田たみお(昭和区)さいとう愛子(名東区)さはしあこ(緑区)
岡田ゆき子(北区)各市議と佐藤子ども青少年局長


佐藤局長は、「応募ゼロの理由はわからないが、まさか応募がないとは思わなか
った。保護者の声は聴く」としつつも、再公募は計画どおりに実行すると述べるに
とどまりました。
岡田議員は「公募がゼロだった以上、民間への移管はあきらめ、できれば公立の
まま存続してほしいというのが保護者の声です」と重ねて求めました。

名古屋市が2013年に行った子育て家庭の意識調査では、子どもをあずけたい
施設は公立の保育園という回答が最も多いという結果でした。
市は、より良い子育て環境を求める保護者の願いを受け止めるべきです。

2016年8月27日 (土)

大野木学区の連絡協議会で市政報告

西区山田地域の大野木学区では、学区連絡協議会の会合日に合わせて、
区内のすべての市会議員が交代で市政報告を実施しています。
8月23日は、わたしの初当番になりました。

わたしからは、名古屋市政について、名古屋城天守閣の木造化の問題と
リニア開通を見すえたまちづくり、介護の制度改変や奨学金支援制度、保
育園や学校給食の民営化の問題について、2月と6月議会の市議団ニュ
ースをご覧いただきながら報告しました。

名古屋城天守閣については、まず東京オリンピックまでの木造化をめざし
た市長提案はこの6月議会でいったん見直しとなり、2万人の市民アンケ
ートでは「木造化は急がず、耐震補強を」望む回答が67%を占めたこと、
そして、リニア開業をみすえた名古屋駅の巨大開発は、財源のメドがまっ
たく立っていないことをお伝えし、将来に市民負担を残しかねない大型公
共事業よりも、市民の暮らしと福祉の充実を最優先にすべきとお話しまし
た。

介護については、国の制度改悪による保険給付制限、利用料の負担増
や、今後もさらに高齢者医療の負担増がねらわれていることをお伝えし、
名古屋市には、市民の福祉を守る立場で国に対して意見をのべる、防波
堤の役割がいっそう求められていると訴えました。
学区のみなさんは、資料を見ながら真剣に聴いてくださっている様子でし
た。

また、保育園や学校給食調理など、子育て教育の現場に民営化を広げる
名古屋市の方針に、公的責任を求める声が大きくなっていること、そして、
奨学金の返済に苦しむ若者から名古屋市に対し、奨学金返還支援制度
を求める要望が出され、議論されていることを報告しました。
このほかに、議員報酬の引き上げや定数削減、地震災害対策などについ
て報告したかったのですが、またの機会をいただければ幸いですとお伝え
し、これからも、市民の願いに応える市政の実現に向けて、精いっぱい頑
張る決意を申しあげました。

学区連絡協議会でのこのような企画は、全市的にもめずらしいようですが、
市政を身近に感じていただくには、とても良い取り組みだと思います。

20160826_141031_2

 

 

2016年8月25日 (木)

「くらしと営業に支援を」愛商連・市交渉 市議団も参加

8月22日、愛知県商工団体連合会(愛商連)名古屋ブロックのみなさんが、
中小企業支援と社会保障や融資制度の改善を求めて名古屋市と交渉し、
党市議団も同席しました。

小規模経営者も含む中小企業が市内の事業者数の99%を占めていますが、
消費税増税による経営難や税の負担増で、廃業に追い込まれる業者が後を
絶ちません。
名古屋市は対策として、市内2000事業所を対象に年2回アンケートを行う
「景況調査」や、まちの事業所や商店などを職員が直接訪問し、相談活動に
取り組んでいます。

市は、商店街や法人、成長が見込まれる企業に対する支援事業は打ち出し
ていますが、個人商店や家族経営などの小規模事業者にとって使い勝手の
よい支援策となっていないのが現状です。

Photo
太田義郎 愛商連・全商連会長が要望書を提出

この日の交渉では、法人格のない業者にも支援が行き渡るよう、振興策を
ぜひ充実してほしいと強い要望がありました。

また、国民健康保険料の短期保険証発行や保険料滞納者への資格証明
書発行は、滞納者の受診びかえをまねき、健康悪化につながっていると、
現状を訴える声が相次ぎました。

市の担当者は、個別のケースについて、滞納の返済計画が生活実態に見
合っているか調査します、と応じました。

市内の経済の99%を支える中小企業への抜本的な支援と、高すぎる国保
料の引き下げが必要とあらためて強く感じました。


Photo_2
田口市議団長が最後にごあいさつを

2016年8月19日 (金)

シンポ「いじめ」のない学校と社会をめざして 報告集が完成

今年3月、共産党名古屋市議団主催で教育評論家尾木直樹さんを迎えたシンポ
ジウムの報告集が完成しました。

「尾木ママ」こと尾木直樹さんの基調講演(要旨)と、第2部のパネルディスカッシ
ョン、岩城副市長(当時)と現役中学校教諭、山口清明市議の報告に続くフロア
からの発言、加えて2013年に起きた中学生の転落死に係る検証委員会の報告
書(14年7月)や「名古屋市いじめ防止基本方針」(14年9月)など、豊富な資料
を掲載しています。

尾木直樹さんの予定時間を越えての熱弁やパネラーとフロアからの切実な発言、
60近く寄せられたアンケートなどを一冊にまとめるのは予想以上の作業でしたが、
編集を手がけるなかで、「どうすればいじめを解決できるのか」みなさんそれぞれ
の強い想いが改めて胸に迫りました。

いじめの問題に心を痛める多くの方にぜひ読んでいただきたい報告集です。
A4判72ページ、ご希望の方に無料でお渡しします。

Photo

2016年8月17日 (水)

児童の安全登校のための要望がさっそく実現

先月のブログで報告しましたが、地元の美濃街道沿いのお宅から児童の安全登校
の要望を受け、7月27日に西土木事務所へ申し入れたところ、さっそく現地に交通
安全のためのポールが設置されたと、ご相談のお宅から報告を頂きました。

わしの県議とさっそく現地を見てきたところ、赤い色のポールが2本設置されていま
した。実際に車で現場を走ってみましたが、ポールは注意を引く蛍光色ですぐ目に
入り安全確認が取れました。また、子どもたちがぶつかっても大丈夫なように、弾力
性のある設計になっていました。

ご相談のH さんは、これで2学期から安心です、と大変喜ばれていました。
これからも地域の安心・安全のために、くらしの要望を届けてがんばります!

2016072317290000
「子どもたちが車に巻き込まれないか心配」と相談のHさん
↓↓↓
Dscf6976_2_2
早速ポールが!わしの県議と一緒に記念撮影。向こうに我が車、、、

2016年8月16日 (火)

青木ともこ事務所ニュース8月14日号

猛暑お見舞い申しあげます。 更新が遅れましたが、青木ともこ事務所ニュース
をお届けします。

2016年8月14日号 記事

「新たなたたかいへ意気高く」金山駅ですやま初美さんと早朝宣伝
たけだ良介新参議院議員が市議団訪問
「健康と環境を守れ!」愛知の住民が市長交渉
青木ともこの活動日誌 2016年8月4日~8月10日

X

2016年8月 6日 (土)

わしの恵子・青木ともこ共同ニュース8月7日号

暑中お見舞い申し上げます。
今週7日の事務所ニュースはわしの県議との共同編集号です。

【市政・県政記事】

地下鉄の安全対策を緊急要望
「水害お見舞い申し上げます」8.2雷雨による冠水被害を調査
地域の盆踊りに参加
青木ともこの活動日誌 2016年7月28日~8月3日

わしの県議、原爆犠牲者を偲ぶつどいに参列
円頓寺七夕まつりで核兵器廃絶国際署名
愛知県第2回子どもの貧困対策検討会議を傍聴
わしの恵子の活動日誌 2016年7月28日~8月3日

1608071
1608072

2016年8月 3日 (水)

円頓寺七夕まつりで核兵器なくす署名活動

7月30日、原水爆禁止西区協議会のみなさんと、毎年恒例の円頓寺七夕まつり
で「核兵器廃絶署名」に取り組みました。

毎年、「ヒロシマ」と「ナガサキ」の日が近づく頃、円頓寺商店街付近で取り組んで
いる、核兵器廃絶署名活動ですが、今年は、日本原水爆被害者団体協議会が
発足して60周年を迎え、4月から新しく「ヒロシマ・ナガサキの被爆者が訴える核
兵器廃絶国際署名」
が始まりました。

Dscf69071
マイクで呼びかけるわしの県議。西区原水禁会長のKさん

祭りに出かける家族連れや学生さん、遠方から訪れた人たちまで、たくさんの方
たちが署名に協力してくださり、1時間で99筆集めることができました。

昨年は、630万を越える核兵器廃絶求める署名が、日本からニューヨークの国
連本部に届けられました。

この翌日、東京では都知事選挙が行われ、ジャーナリストの鳥越俊太郎候補が、
「非核都市宣言」と「原発ゼロ」を東京から、と最後まで大奮闘されましたが、残念
ながら当選はかないませんでした。しかし、非核都市宣言の訴えは核兵器廃絶を
願う被爆者のみなさんに大きな共感を広げました。

核兵器のない世界へ、1歩でも2歩でも近づけるよう、今年の夏も署名を1筆1筆
集めます。

Dscf6917

 

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »