« 「くらしと営業に支援を」愛商連・市交渉 市議団も参加 | トップページ | 「市立保育園の直営存続を」党市議団が緊急申入れ »

2016年8月27日 (土)

大野木学区の連絡協議会で市政報告

西区山田地域の大野木学区では、学区連絡協議会の会合日に合わせて、
区内のすべての市会議員が交代で市政報告を実施しています。
8月23日は、わたしの初当番になりました。

わたしからは、名古屋市政について、名古屋城天守閣の木造化の問題と
リニア開通を見すえたまちづくり、介護の制度改変や奨学金支援制度、保
育園や学校給食の民営化の問題について、2月と6月議会の市議団ニュ
ースをご覧いただきながら報告しました。

名古屋城天守閣については、まず東京オリンピックまでの木造化をめざし
た市長提案はこの6月議会でいったん見直しとなり、2万人の市民アンケ
ートでは「木造化は急がず、耐震補強を」望む回答が67%を占めたこと、
そして、リニア開業をみすえた名古屋駅の巨大開発は、財源のメドがまっ
たく立っていないことをお伝えし、将来に市民負担を残しかねない大型公
共事業よりも、市民の暮らしと福祉の充実を最優先にすべきとお話しまし
た。

介護については、国の制度改悪による保険給付制限、利用料の負担増
や、今後もさらに高齢者医療の負担増がねらわれていることをお伝えし、
名古屋市には、市民の福祉を守る立場で国に対して意見をのべる、防波
堤の役割がいっそう求められていると訴えました。
学区のみなさんは、資料を見ながら真剣に聴いてくださっている様子でし
た。

また、保育園や学校給食調理など、子育て教育の現場に民営化を広げる
名古屋市の方針に、公的責任を求める声が大きくなっていること、そして、
奨学金の返済に苦しむ若者から名古屋市に対し、奨学金返還支援制度
を求める要望が出され、議論されていることを報告しました。
このほかに、議員報酬の引き上げや定数削減、地震災害対策などについ
て報告したかったのですが、またの機会をいただければ幸いですとお伝え
し、これからも、市民の願いに応える市政の実現に向けて、精いっぱい頑
張る決意を申しあげました。

学区連絡協議会でのこのような企画は、全市的にもめずらしいようですが、
市政を身近に感じていただくには、とても良い取り組みだと思います。

20160826_141031_2

 

 

« 「くらしと営業に支援を」愛商連・市交渉 市議団も参加 | トップページ | 「市立保育園の直営存続を」党市議団が緊急申入れ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2044544/67193309

この記事へのトラックバック一覧です: 大野木学区の連絡協議会で市政報告:

« 「くらしと営業に支援を」愛商連・市交渉 市議団も参加 | トップページ | 「市立保育園の直営存続を」党市議団が緊急申入れ »