« 誰もが安心して年越しを迎えられるように、、、今年の越冬支援 | トップページ | 明けましておめでとうございます 2017年 »

2016年12月28日 (水)

西区のまちを安全チェック

今年11月はじめ、大野木2丁目地域の方から「堤防の舗装が傷んで危ない
ので修繕してほしい」と相談を受け、西土木事務所に要望したところ、わだち
の解消など、当面の修繕が順次進められることになりました。
庄内川右岸のこの一帯は、国が洪水対策の堤防かさ上げ事業を進めており、
用地取得の交渉中で完成時期は未定ですが、現在用地が整ったところから
工事が進んでいます。

Dscf7652
わだちやひび割れが平らに

党市議団が取り組んでいる名古屋市政アンケートに、地元から「国道22号線
の榎歩道橋が危ない。全体に錆びが強く、転倒時のケガなどが心配。雨の日
は排水が悪く水溜りに。ここは榎小学校の通学路でもある」との声を寄せてい
ただきました。
早速、わしの県議と現場の歩道橋を確認しましたが、想像以上に老朽化が進
んだ状態でした。

国道の歩道橋は、国交省の名古屋国道維持第一出張所が管理していますが
市内にある120以上の歩道橋のメンテナンスをしています。 榎の状況を伝えた
所、歩行面の水溜まり解消の修繕は、おそらく今年度中に可能、全体の修繕
は今後、国との交渉になるということでした。

1日も早い修繕が進むように、引き続き要望をして行きます。

Dscf76691
階段全体が錆びに覆われ、、、

Dscf7675
腐食部分がするどく危険、、、いたるところに穴が


来年度から、幅下、那古野、江西の3小学校が統合され、旧幅下小の場所に
「なごや小学校」がスタートしますが、一番遠い江西学区からは児童の足で通
学に40分もかかり、通学路の安全が心配との声があがっています。

そのなかのおひとりから「ノリタケの森」周辺の通学路が危ないと相談を受け、
早速現場へ急行。名駅通から信号を避けてこの細い通学路に車がスピードを
落とさず入り込むので危険とのこと。
写真のように「通学路」の標識があるものの道路上に標示はなく、車がひんぱ
んに入り込むのは、標識とは逆の方向からで、しかもその側には「通学路」標
識がありません。

児童の安全確保のため、早急に名古屋市へ対策を求めます。

14828228562881

« 誰もが安心して年越しを迎えられるように、、、今年の越冬支援 | トップページ | 明けましておめでとうございます 2017年 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2044544/69021950

この記事へのトラックバック一覧です: 西区のまちを安全チェック :

« 誰もが安心して年越しを迎えられるように、、、今年の越冬支援 | トップページ | 明けましておめでとうございます 2017年 »