« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月31日 (火)

河村市長「南京否定」発言またしても

1月23日、河村市長は定例記者会見の席でまたしても「 南京事件はなかっ
たのではないか」と発言し波紋を広げています。

南京事件は大戦中の1937年、日本軍が当時の中国首都・ 南京市を包囲し、
多数の一般市民を虐殺し略奪を加えた事件で、 犠牲者の数は10万人とも
数十万人とも言われています。

政府の見解は、犠牲者の数に諸説はあるものの「南京で非戦闘員の殺害や
略奪行為等があったことは否定できない」 とし、「痛切な反省と心からのお詫
びの気持ち」 が歴代内閣に引き継がれています。

市長の発言は、政府の公式見解をも否定するもので、これまで何度も「南京
否定」 を主張し、南京市との友好都市交流は途絶えたままです。

党市議団は市長の重大発言の撤回を求めて来ましたが応じられず、今回の
記者会見でも市長は発言について「撤回する気はない」とあらためて強調し
ました。

歴史の事実と真摯に向き合えない市長は、 230万市民の代表としていよいよ
相応しくありません。

【関連記事】
南京市との友好が途絶えるきっかけとなった2012年の市長の発言について、
党市議団と多数の市民団体が抗議・発言撤回を求めたようすを、共産党愛知
県委員会がこちらのページにまとめています。↓

【12.03.04】
河村名古屋市長 南京大虐殺を否定 
日本共産党名古屋市議団が抗議 「国際的信用を失墜」 
http://www.jcp-aichi.jp/minpou/120304-185938.html

123
2017年1月23日付 朝日新聞夕刊の記事

2017年1月28日 (土)

青木ともこ事務所ニュース1月29日号

毎週日曜日発行の「青木ともこ事務所ニュース」をお届けします。

1月29日号
「請願」は市民提出の議案
超高層マンションに市補助まで
 市政アンケートに寄せられた声、声、、、 
青木ともこの活動日誌1月19日~1月25日

X




2017年1月24日 (火)

青木ともこ事務所ニュース1月22日号

更新が遅れてしまいましたが、毎週日曜日発行の事務所ニュースをお届け
します。

12月22日号
給付型奨学金など切実な市民要求に応えよ
シンポジウム「検証!河村名古屋市政」のお誘い
下水の悪臭、党の申し入れで改善へ
 共産党の請願紹介数 
青木ともこの活動日誌1月19日~1月25日

20170122_01

2017年1月20日 (金)

「市民の声さっそく実現へ」党市議団市政ニュース

日本共産党名古屋市議団は、昨年9月末から取り組んだ「市政アンケート」
の結果を市議団ニュース255号にまとめ、今年1月中旬からみなさんにお配
りしています。

アンケートには全市から1万7千通を超える回答を寄せて頂きましたが、暮
らしの不安や、無駄な公共事業の削減を訴える声がたくさん届いています。
西区では、1400を超える回答をいただき、「お城やリニアより、もっと市民の
身近なところにお金を使ってほしい」といった声が少なくありません。

党市議団は、市政アンケートに寄せられた市民要求をもとに、昨年11議会
でさっそく取りあげ、実現に向けて奮闘しました。

市政アンケートの結果と議会論戦のもようを市議団ニュースでご覧ください。

 Fe587bd242c125f99a2d0b3eb5aa0aea_01
Fe587bd242c125f99a2d0b3eb5aa0aea_02

2017年1月18日 (水)

新年度予算の市長査定要望「訪れたくなる名古屋」より「住みたくなる名古屋」を

名古屋市の新年度予算について、各局要望に対する財政局案が先日10日
に示されました。これを受けて1月16日、党市議団はぜひ予算化を実現した
い市民の切実な要求を、重点要望として河村市長に申し入れました。

そのもようを党市議団ニュースでお伝えしていますのでご覧ください。

↓日本共産党名古屋市議団市政ニュース No.186↓
Photo

2017年1月13日 (金)

「検証!河村名古屋市政」党市議団主催シンポジウムのご案内

今年は名古屋市長選挙が行われる年です。

共産党名古屋市議団は、来たる2月4日(土)「検証!河村市名古屋市政」
と題してシンポジウムを開催します。

河村市長の8年で、名古屋市政はどう変わったか?

昨年秋から市議団が取り組んだアンケート結果では、河村市政を「評価す
る」「評価しない」が半々と拮抗しています。
市長の「市民税減税」や「市長報酬半減」といったことが、評価となっていま
す。

「市民税減税」は市民の暮らしになにをもたらしたでしょう?

「市民税減税」が引き起こす「財源不足」によって、福祉、教育に関わる予算
がどうなってきているのか、そして、減税で真に恩恵を受けているのは誰か、
地方財政、福祉分野の各シンポジストと市議団が河村名古屋市政を検証し、
ご来場のみなさんからもご意見をいただきながら、明らかにして行きたいと
思います。

みなさん、どうぞご参加ください!

1
この広告は速報版ですので、詳細が決まり次第更新いたします

2017年1月10日 (火)

「避難所の簡易スロープ配備」「子ども食堂助成」等が計上~来年度予算の財政局案公開


1月10日、来年度の名古屋市予算について、各局の要望に対し財政局の
査定が公開されました。党市議団の要求もいくつか反映されています。

岡田ゆき子議員が市議会本会議質問で求めた「指定避難所の段差を解消
するための簡易スロープ」
は125校にようやく設置される運びとなり、地域防
災計画の策定から20年を要しました。

子どもの居場所づくりのひとつ、「子ども食堂に対する助成」も予算計上され
ています。子どもの貧困対策は、親世代の貧困問題などさらに踏み込んだ
対策が求められています。

また、さはしあこ議員が提案していた「環境学習センター(エコパルなごや)
を活用した名古屋の公害の歴史を学び伝える取り組み」
についても計上され
実現する見通しです。


高橋ゆうすけ議員が求めた「学校司書」の32校への配置、藤井ひろき議員
が取り上げた「客引き行為等への対策検討」は、それぞれ担当局に配分され
た財源のなかで検討されるようです。


昨年の6月議会で、私が本会議で取り上げた「ヘイトスピーチ解消に向けた
取り組み」
については、実現見込みとなった新規事業「多文化共生推進月間
の実施」のなかで、国との役割分担をふまえ、相談活動や教育、啓発等によ
り不当な差別的言動(ヘイトスピーチ)の解消に取り組むとしています。

いっぽう、党市議団が一昨年から求めていた「給付型奨学金の創設」は、
教育委員会が再要望していましたが、財政局案では未計上となっています。

また、西山あさみ議員が求めた「新堀川の悪臭対策」は、原因と判明した川
床のヘドロ除去の予算を緑政土木局が要望していましたが、これも財政局案
では未計上です。

来週16日には、財政局案を受けて、改めて市議会各会派が市長に対して重
点要望を行います。市長査定により、それらが予算計上されるよう、党市議団
で強く求めていきます。

2017年1月 9日 (月)

2017年 新成人おめでとうございます

1月9日、地元の成人式会場、江西小学校の門前で新成人のみなさんへ
お祝いのご挨拶に立ちました。

今年、名古屋市で新成人を迎えたのは、昨年より678名増えて21855名。
うち西区では1350名です。
ご挨拶と一緒に「祝成人  よりよい社会をつくりたいあなたへ」日本共産党
のリーフをお渡しし、みなさん笑顔で受け取ってくださいました。

リーフには、格差と貧困を広げる今の政治から、若者が将来に希望をもて
る社会に変える政治へ、働き方改善や高学費の引き下げ、税の集め方と
使い方のチェンジなど、党の政策提案をご紹介しています。

特に近年、高学費や奨学金ローンに苦しむ若者から、返済不要の給付制
奨学金を求める声が高まり、今年度の国の予算編成で実現へと動き出し
ました。
また、不安定雇用や長時間労働、低賃金などの改善を求めて立ち上がる
若者が政治を動かし始めています。

「ひとりひとりが政治を変えてゆける」そんな希望が新成人のみなさんに広
がるように、私も気持ちを新たにした成人の日でした。

Photo
「よりよい社会をつくりたいあなたへ」リーフは年々工夫を重ねています

Photo_2
「若者に投資を」4つの改革をわかりやすく

2017年1月 6日 (金)

"野党は共闘!"市民アクションに4野党集結

仕事始めの1月4日、衆議院選挙で市民と野党の共同をめざす「市民と野党を
つなぐ会@愛知」主催の宣伝行動が名古屋栄で行われました。

市民のみなさんとともに、衆議院愛知1区日本共産党大野ひろみつ予定候補
はじめ、民進党愛知1区総支部長の吉田つねひこ氏、社民党県副代表の平山
良平氏、自由党県連幹事長の角谷盛夫氏ら4野党の代表がスピーチしました。

愛知1区初の試みとなったこの市民アクションは、先の国会でTPPやカジノ法案
などを数のちからで強行した与党に対抗するために、次の衆議院選挙で野党と
市民がちからを合わせましょう!と訴えています。

市民のリレートークでは安保法制に反対するママの会@愛知のメンバーや、北
区在住のシンガーソングライター五島良子さんなど、それぞれ「市民と野党の共
同で安倍政権を倒そう」と呼びかけました。

総勢150人の参加となり、主催者のみなさんも「こうした宣伝活動ができた事は
画期的」と語っていました。


20170104_143109
右から、自由党・角谷氏、共産党・大野氏、社民党・平山氏
民進党・吉田氏

2017年1月 5日 (木)

「2017年を希望の年に」新年のご挨拶

2017年の仕事始めの4日、市役所・県庁前で新年のご挨拶に立たせて
頂きました。

本村伸子衆議院議員、すやま初美さん、わしの恵子県議と名古屋市議
団12名が勢ぞろいでにぎやかなご挨拶となりました。

「解散総選挙はいつになるのか」全国の注目が高まるなかで2017年が
スタートしました。
昨年、南スーダンへの自衛隊派遣、TPPに年金カット法やカジノ法と、反
対の世論もかまわずに強行した安倍政権。こんなにもひどい政治が一日
も長く続いてはたいへんです。

新年の地元訪問でも、「安倍さんはちょっとやり過ぎだ」そんな不安の声
をどれだけ耳にしたでしょうか。
安倍さんが数のちからに任せた横暴を重ねるほど、市民の怒りと野党の
結束はさらに高まるでしょう。

共産党は、昨年7月の参議院選挙で実を結んだ「市民と野党の共同」を
さらに大きく太く発展させ、安倍政権を一日も早く終わらせるために、知恵
とちからを尽くす決意を新たにしています。

今年も市政と県政、そして国政を結んで精いっぱいがんばります!

C1sqqkguuaapfgv

2017年1月 1日 (日)

明けましておめでとうございます 2017年

新年を迎えました。

大晦日は、地元の神社にて参拝のみなさんにご挨拶をさせていただき、 
元旦は伊奴(いぬ)神社でのご挨拶が毎年恒例です。

元旦のきょうは、真っ青な晴天に恵まれ日差しも温かく、参拝の長い列
がしばらく続きました。

Dscf7693

わしの県議と西区後援会のみなさんとともに、衆議院愛知1区大野ひろ
みつ予定候補をご紹介した新しいリーフ「JCP PRESS」(ジェイシーピー
プレス)をお配りしました。雑誌の表紙風のデザインにも関心を持ってい
ただけたのか、たくさんのみなさんが受け取ってくださいました。

「応援してるよ!」「がんばってるね。ごくろうさま」
と激励もいただき、今年も精いっぱいがんばる決意を新たにしました。

20170101_181933
こちらが「JCP PRESS」デス


Dscf7676

↑こちらの写真は、昨年末28日中区大津橋小公園で始まった越冬支
援活動を激励訪問した時のもの。
わしの恵子・青木ともこ事務所に寄せていただいたお米や自家農野菜、
衣類、毛布、カンパなどをお届けしました。
この活動は、越冬支援が必要な方たちのために、炊き出しや生活相談、
心のケア、散髪や野宿の見回りなど、1月4日(水)朝まで続けられます。
寒いなか、昼夜を問わず支援活動に取り組むみなさんに感謝を申しあ
げ、ひとりでも多くの方が温かい年始を過ごしていただけるようにと願っ
ています。

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »