« 新年度予算の市長査定要望「訪れたくなる名古屋」より「住みたくなる名古屋」を | トップページ | 青木ともこ事務所ニュース1月22日号 »

2017年1月20日 (金)

「市民の声さっそく実現へ」党市議団市政ニュース

日本共産党名古屋市議団は、昨年9月末から取り組んだ「市政アンケート」
の結果を市議団ニュース255号にまとめ、今年1月中旬からみなさんにお配
りしています。

アンケートには全市から1万7千通を超える回答を寄せて頂きましたが、暮
らしの不安や、無駄な公共事業の削減を訴える声がたくさん届いています。
西区では、1400を超える回答をいただき、「お城やリニアより、もっと市民の
身近なところにお金を使ってほしい」といった声が少なくありません。

党市議団は、市政アンケートに寄せられた市民要求をもとに、昨年11議会
でさっそく取りあげ、実現に向けて奮闘しました。

市政アンケートの結果と議会論戦のもようを市議団ニュースでご覧ください。

 Fe587bd242c125f99a2d0b3eb5aa0aea_01
Fe587bd242c125f99a2d0b3eb5aa0aea_02

« 新年度予算の市長査定要望「訪れたくなる名古屋」より「住みたくなる名古屋」を | トップページ | 青木ともこ事務所ニュース1月22日号 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2044544/69311184

この記事へのトラックバック一覧です: 「市民の声さっそく実現へ」党市議団市政ニュース:

« 新年度予算の市長査定要望「訪れたくなる名古屋」より「住みたくなる名古屋」を | トップページ | 青木ともこ事務所ニュース1月22日号 »