« 「避難所の簡易スロープ配備」「子ども食堂助成」等が計上~来年度予算の財政局案公開 | トップページ | 新年度予算の市長査定要望「訪れたくなる名古屋」より「住みたくなる名古屋」を »

2017年1月13日 (金)

「検証!河村名古屋市政」党市議団主催シンポジウムのご案内

今年は名古屋市長選挙が行われる年です。

共産党名古屋市議団は、来たる2月4日(土)「検証!河村市名古屋市政」
と題してシンポジウムを開催します。

河村市長の8年で、名古屋市政はどう変わったか?

昨年秋から市議団が取り組んだアンケート結果では、河村市政を「評価す
る」「評価しない」が半々と拮抗しています。
市長の「市民税減税」や「市長報酬半減」といったことが、評価となっていま
す。

「市民税減税」は市民の暮らしになにをもたらしたでしょう?

「市民税減税」が引き起こす「財源不足」によって、福祉、教育に関わる予算
がどうなってきているのか、そして、減税で真に恩恵を受けているのは誰か、
地方財政、福祉分野の各シンポジストと市議団が河村名古屋市政を検証し、
ご来場のみなさんからもご意見をいただきながら、明らかにして行きたいと
思います。

みなさん、どうぞご参加ください!

1
この広告は速報版ですので、詳細が決まり次第更新いたします

« 「避難所の簡易スロープ配備」「子ども食堂助成」等が計上~来年度予算の財政局案公開 | トップページ | 新年度予算の市長査定要望「訪れたくなる名古屋」より「住みたくなる名古屋」を »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2044544/69230375

この記事へのトラックバック一覧です: 「検証!河村名古屋市政」党市議団主催シンポジウムのご案内:

« 「避難所の簡易スロープ配備」「子ども食堂助成」等が計上~来年度予算の財政局案公開 | トップページ | 新年度予算の市長査定要望「訪れたくなる名古屋」より「住みたくなる名古屋」を »