« リニア建設問題で国交省中部運輸局へ要請に | トップページ | 「ヘイトスピーチ許さない」名古屋を~党市議団で申し入れ »

2017年2月10日 (金)

ブルーインパルス曲技飛行は中止を~市民団体申し入れ

今年3月5日に開催される「小牧基地オ-プンベース」の航空祭において、
航空自衛隊「ブルーインパルス」の展示飛行が決定したことを受け、小牧
市や春日井市、名古屋市などから市民団体が「ブルーインパルスの危険
な曲技飛行はさせないように名古屋市からも基地に要請を」と申し入れが
行われました。
共産党は、すやま初美県常任委員、豊山町・山本りょうすけ町議、名古屋
市議団からは山口、くれまつ、柴田、西山各市議と私が同席しました。

Img_7783

航空自衛隊「ブルーインパルス」のアクロバット飛行は、これまでに幾度と
なく事故を繰り返し、1982年には浜松基地航空祭で墜落事故(乗員即死、
12名が重軽傷)、また2014年には宮城県松島基地南東の海上で、接触
事故も発生。同機は合計6回(8機)も墜落などの事故を起こしており、曲
技飛行や編隊飛行がいかに危険かということをはっきり示しています。

小牧基地でのブルーインパルスの展示飛行は市民が反対するなか、一
昨年から開催されていますが、航空法上、国土交通大臣の許可が必要と
されている曲技飛行や編隊飛行について、「許可申請をしていない」事実
も明らかとなりました。

申し入れに応じた名古屋市の観光文化交流局の回答は、「これまで小牧
空港における航空機トラブルや事故が増加していることから、安全に留意
するようにと伝えてある」にとどまりました。

また、ブルーインパルスの飛行ルートには名古屋市西区上小田井の上空
も含まれることも分かりました。
市民らは「名古屋市も無関係ではない。住宅地に墜落するようなことがあ
れば大参事につながる。危険な展示飛行は改めるよう名古屋市からも要
請を」と重ねて要望しました。

特に、安保関連法以降、自衛隊航空機の昼夜を問わない往来が増えてい
ると、市内各地で声があがっています。昨年5月の伊勢志摩サミットでは、
あの「オスプレイ」が突然市内の上空に飛来し、小牧空港に降り立ちました。
空港の軍事利用を拡大させない、いっそうの監視が必要です。

Ga3a7184
昨年のブルーインパルス展示飛行のようす(小牧基地HPより)

« リニア建設問題で国交省中部運輸局へ要請に | トップページ | 「ヘイトスピーチ許さない」名古屋を~党市議団で申し入れ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2044544/69553721

この記事へのトラックバック一覧です: ブルーインパルス曲技飛行は中止を~市民団体申し入れ:

« リニア建設問題で国交省中部運輸局へ要請に | トップページ | 「ヘイトスピーチ許さない」名古屋を~党市議団で申し入れ »