« 河村市長「南京否定」発言またしても | トップページ | リニア建設問題で国交省中部運輸局へ要請に »

2017年2月 1日 (水)

図書館の指定管理拡大「住民に開かれた説明会を」

名古屋市は、2013年4月から守山区の志段味(しだみ)図書館に指定
管理制度を試行導入しましたが、図書館の総責任者をはじめ主要管
理者が相次いで辞職したり、児童サービス等の低下や郷土研究・資料
作成を十分に行えないなど様々な問題が発生。それにも関わらず名古
屋市は、新たに4図書館へ指定管理拡大を進める方針です。

2月には地域説明会が開かれる予定ですが、名古屋市は説明会の定
員を20名程度と地域に案内しました。

党市議団はこれを受けて1月30日、河村市長と教育長に対し、

①新たに指定管理者制度が試行導入される図書館の説明会において、
広く地域住民に周知するためにも、定員を制限せず、受け入れる態勢
をとること
②志段味図書館については、地域住民の不安が払しょくされないまま、
引き続き試行されようとしており、検証結果を報告し、あらためて試行導
入を継続するための説明会を実施すること

を申し入れました。

対応した鶴舞中央図書館の副館長は説明会の定員について、「過去の
説明会参加者数の実績から決めたが、上限は定めていない。来られた
方には説明する」と答えました。

また、住民説明会の案内は「広報なごや」や図書館内で通知していると
の事で、利用者に向けた広告の掲示など案内の徹底をと要望しました。
これに対し、副館長は「掲示します」と応じました。

党市議団はこれまで図書館の民間委託は一貫して反対して来ましたが、
各自治体でも反対世論が広がり、昨年11月、総務省は民間委託促進の
方針について、「図書館や博物館、公民館への指定管理導入は不適切」
と認めました。
名古屋市は地域住民の要望を受け止め、現場の実態把握し、図書館運
営に一貫して責任をもつべきです。

Photo
左から、青木、山口、さはし、田口の4議員、鶴舞中央
図書館の福井副館長


【図書館への指定管理者制度導入の説明会にご参加を】


●中村図書館 2月16日(木)午前10時~11時、同図書館集会室
●富田図書館 2月15日(水)午後4時~5時、同図書館集会室
●緑図書館 2月11日(土)午前10時~11時 同図書館集会室
●徳重図書館 2月10日(金)午後4時~5時 徳重地区会館集会室

« 河村市長「南京否定」発言またしても | トップページ | リニア建設問題で国交省中部運輸局へ要請に »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2044544/69435592

この記事へのトラックバック一覧です: 図書館の指定管理拡大「住民に開かれた説明会を」:

« 河村市長「南京否定」発言またしても | トップページ | リニア建設問題で国交省中部運輸局へ要請に »