« バス停のベンチがつきました | トップページ | 「道徳」教科書の初選定 展示会で意見が出せます »

2017年6月15日 (木)

共謀罪の強行採決に怒りの抗議

15日未明から、夜を徹して与野党の攻防が続いた「共謀罪法案」の審議。
今朝7時46分、参議院本会議で自民、公明、維新の会の賛成多数により強行採決され
ました。

共謀罪法案をめぐっては、参議院法務委員会で、安倍政権と与党が審議、採決を「省略」
してしまう、「中間報告」という”禁じ手”を使って、議論を封じ込めたうえでの「強行採決」と
いう結果でした。参議院での審議時間は、わずか18時間足らずというのに!

ひたすら”数のちから”に任せた暴挙。絶対に許せません。

西区の党と後援会は、緊急の抗議宣伝を11時から浄心駅交差点で行いました。

P1190006

安倍政権が「テロ対策」と称する共謀罪は、犯罪を「準備段階」から監視、処罰の対象にす
るもので、現行の「既遂処罰」(犯罪が行われ被害が生じた場合)の原則をくつがえしてしま
います。
実行されてもいない犯罪を処罰するということは、市民の「心の中」に踏み込んだ捜査は避
けられず、一般人も「2人以上」を対象に捜査機関が「犯罪の準備行為」とみなせば、全員を
処罰できることも、国会の審議で明らかとなりました。

プライバシーや内心の自由を侵す重大な人権侵害、この「共謀罪」の危険には、国内外から
大きな批判が殺到しています。このまま施行させるわけにはいきません。

おりしも15日は、核兵器禁止条約の採択をめざす国連会議(第2会期)が始まる日で、緊急
の抗議とともに、核兵器廃絶を求める「ヒバクシャ国際署名」にも取り組み、30分で48筆の
署名が集まりました。

Tirasi615
西区ではさらに「共謀罪」抗議の緊急アクションを続けます


衆議院愛知1区をめざす、大野ひろみつ予定候補、わしの恵子県議、私もマイクを手に、道
ゆく人に訴えました。

「今朝はひどかったね!」
「あれはやり過ぎ。ホントに腹が立つ」
「加計もそうだけど、アベさんなんとかしないと」

と声をかけてくださる人も。共謀罪の強行採決と安倍政権の暴走に街頭でも怒りが広がって
います。


 

« バス停のベンチがつきました | トップページ | 「道徳」教科書の初選定 展示会で意見が出せます »

経済・政治・国際」カテゴリの記事