« 青木ともこ事務所ニュース6月4日号 | トップページ | 領収書のインターネット公開など議会改革を申し入れ »

2017年6月 4日 (日)

「核兵器禁止条約の実現を!」あいち平和行進

「ノーモア ヒロシマ、ノーモア ナガサキ」「核兵器なくせ」と、毎年全国各地から
8月の広島と長崎をめざして歩く平和行進。
愛知へと引き継がれた行進は、きょう、名古屋市内に集中しました。

今年は、「核兵器禁止条約の採択をめざす国連会議」が開かれた記念すべき
年。
3月、そして6月15日から7月7日の会期で審議が行われ、115以上の参加国
のうち、40の国が条約に合意すれば核兵器禁止条約が採択されることに。大
きな希望が広がるなかでの平和行進です。

西区では9:30に浄心駅を出発。2時間近くかけて名古屋駅へと向かいました。
行進の途中、西区在住で長崎の被爆者Tさんが沿道で迎えてくださり、しばらく
のあいだ一緒に行進されました。
今年82歳になる体で、1歩でも2歩でもと、ご一緒してくださったTさん。その姿
が胸に迫りました。

10歳の時に長崎の爆心地から3.4km地点で被爆し、「70年以上経った今で
も、犠牲者の無念の声が聞こえる気がする」と語るTさん。1955年開催の「第1
回原水爆禁止世界大会」に参加して以来60年以上、核兵器廃絶運動を続けて
来られた方です。

ヒバクシャが世界に呼びかける「核兵器廃絶国際署名」運動でも、「二度とヒバ
クシャをつくらせない」その強い思いで署名を訴えています。

まもなく15日から始まる国連会議。核兵器廃絶を願う世界各国から「ヒバクシ
ャ国際署名」への期待が大きく高まっています。7月7日の会期にはなんとして
も「核兵器禁止条約」の実現を!それまでに署名に全力で取り組もうと、気持ち
を新たにしたきょうの平和行進でした。

P10301522

« 青木ともこ事務所ニュース6月4日号 | トップページ | 領収書のインターネット公開など議会改革を申し入れ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事