« 「なごやアクティブ・ライブラリー構想(案)」の市民説明会が実現 | トップページ | リニア用地買収と補償問題で市交渉に同席 »

2017年7月29日 (土)

平和を想う夏、、、保育園で平和コンサート

28日、西区新生保育園・教会で、「新生平和コンサート」が開催され、
参加しました。

「ヒロシマ」「ナガサキ」原爆の日が近づく夏、そして国の内外で平和
のことが脅かされる出来事が多いなか、少しでも平和について考え
ることができればと、開催に至ったという、この「新生平和コンサート」

保育園の親御さんはじめ、ご近所のみなさんも集って、平和の唄に
朗読に耳を傾けるひとときでした。

西区「新婦人朗読の会」のみなさんは、沖縄の6歳の男の子が書い
た詩「へいわってすてきだね」、谷川俊太郎氏作「へいわってなにか
な」を、職員さんのチェロ生演奏をバックに客席も参加して朗読しまし
た。

20170728_171114
「新婦人朗読の会」のみなさん

つづいて、西区在住のシャンソン歌手、堀田さちこさんが登場。
幅広いレパートリーと力強い美声、そして飛び切りの笑顔とユーモア
あふれるトークで全国にファンをもつ堀田さん。わたしも大好きな方で
す。
この日は、沖縄・辺野古の海で新基地建設反対の座り込みを続ける
90代のオバァ(沖縄の方言「おばあさん」)の唄を披露。
太平洋戦争から現在まで、「私の見た光景を次の世代に伝えよう」と
いう、オバァの決意が唄に込められて、胸に迫りました。

20170728_172533
堀田さちこさんのシャンソン

コンサートを締めくくったのは、保育園の子どもたちの唄です。
先生たちに寄り添われて、思い思いに、どこか恥ずかしそうに唄う姿
がとても印象的でした。

このコンサートのはじめに、園長先生は「何もしないでいては平和は
守れません」と語っておられましたが、そのために、 いま大人たちに
何が出来るのか、そんな問いかけが込められた、この日の平和コン
サートでした。

20170728_174729
新生保育園の子どもたちと職員のみなさん

« 「なごやアクティブ・ライブラリー構想(案)」の市民説明会が実現 | トップページ | リニア用地買収と補償問題で市交渉に同席 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事