« 市立幼稚園存続の願いおきざりに | トップページ | 市立若宮商業の閉鎖、突然の発表 »

2017年8月26日 (土)

市民が平等に利用できる図書館を!

名古屋の市立図書館を大幅に改編する「なごやアクティブ・ライブラリー
構想案」について、名古屋市は、昨日付けでパブリックコメントを締め切
りました。

それに先立つ19日、市民の求めと共産党市議団の申入れで、構想の
説明会が鶴舞中央図書館で開かれ、定員50名のところ80名近くが参
加しました。

図書館の担当は、構想案について市の財政指標をまず掲げ、きびしい
財政状況により、市の公営施設自体の整理、合理化計画と一体で図書
館を再編、民間活力の導入で、新たな図書館サービス網による利用者
の拡大をめざすと説明しました。

Dsc_0025

構想案では、鶴舞中央図書館を中心に市域を5ブロック化し、ブロック
内の図書館(たとえば西区、北区、山田、楠でひとブロック)を再編。ひと
つをAタイプとして、蔵書15万冊クラスの直営とする他は、B(蔵書5~7
万冊、公務員司書なし)、C(蔵書1万冊、公務委員司書なし、お話会等
行事なし)にランク分けしたうえ民営化を検討するものです。


Photo


現在、耐震化を満たしていない千種図書館はじめ老朽化の進んだ館が
集中している地域(千種、東、守山、志段味、名東)を第1ブロックとして
最初に着手。他のブロックではそれぞれ施設の建て替え時期に合わせ
る、とのことですが、運営面については、現在、5館で試行導入している
指定管理者制度の検証を行ったうえで、平成34年頃から全ブロックで
指定管理制度など、民間活力を導入するとしています。
(直営は鶴舞中央プラス各ブロックAタイプ館で計6館だけに)

説明後に参加者からは、
「これだけの構想を市民はほとんど知らない。ちゃんと知らせてからにし
てほしい」
「教育に関わる施設は公がやるべき」
「図書館司書は専門性が求められる職種。民間で安定的な待遇が保証
されるのか」
「Cタイプになればお話会や子ども行事がなくなる。楽しみにしている親
子はどうなるのか」

などなど、次々と質問の手が挙がりました。図書館担当は、
「指定管理でサービスは向上する」
「ブロック化のデメリットはない」
「雇用待遇は受託する会社の問題で、構想に関わりはない」
「どこがCタイプになるかは、これから検討する」

回答するごとに会場がざわめき、一時は騒然となるなかで、時間切れを
理由に質問が打ち切られました。

説明会については、今回のみとされ、「図書館を考える西区の会」が申
入れていた西区での説明会は「各区では実施しない」と応じられません
でした。

P1190606
緊急学習会のようす

この説明会ののち、西区では「図書館を考えよう!学習会」が開かれ、
各区からも参加で今後の運動について話し合われました。

西区では、これまで市所管内の山田図書館をつくる運動や民間委託阻
止、自動車図書館守れの運動を経験しています。

図書館は市民の大切な財産。どこでも平等に利用でき、市民の知的要
求に応える環境を充実させることに公が責任をもつべきではないでしょ
うか?

« 市立幼稚園存続の願いおきざりに | トップページ | 市立若宮商業の閉鎖、突然の発表 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事