« 「おかしいぞ!」談合疑惑、崩落事故、それでも進めるリニア工事 | トップページ | 明けましておめでとうございます 2018年 »

2017年12月28日 (木)

リニア工事の中止求め、名古屋市長と国土交通大臣に申し入れ

12月27日、リニア中央新幹線の工事中止を求めて、名古屋市と国土交
通省中部運輸局に出向き、申し入れを行いました。

総事業費9兆円とされるリニア中央新幹線は、安倍政権が国家的プロジ
ェクトと位置付け、3兆円もの財政投融資による公的資金投入を行ってい
ますが、今、リニア工事をめぐる大林組の不正受注事件は、大手ゼネコン
4社による一大疑惑に発展し、強制捜査が及ぶ事態となっています。

ところが、疑惑の発端となった、中区の名城非常口や中村区の名古屋駅
中央工事は何もなかったかのように続けられ、JR東海も「工期に変更は
ない」としています。
そこで、名古屋市と国土交通省に対し、緊急申し入れを行ったものです。

リニアを考える西区の会が、河村市長宛てに「リニア中央新幹線の談合
疑惑に関する申し入れ」を行い、わしの県議と青木が同席しました。

申し入れの内容は、

1.名古屋市は、談合疑惑の実態が明らかになるまでは、工事の中止を
  JR東海に求めること
2.JR東海が工事の中止に応じない場合は、名古屋市が行っているリニ
  ア事業への協力を中止すること

以上の2点です。

西区の会の皆さんは、名古屋市の職員とJR東海が、西区でリニア用地
の住民交渉をしていることにふれて「リニアは事件が起こる以前から、JR
や名古屋市の説明がよくわからないという声ばかり。今度の疑惑で不信が
さらに大きくなる」「この事態でリニアに協力すべきでない」と、訴えました。

緊急の申し入れに対応した住宅都市局の担当者は、「事件が住民に不安
を与えていることは認識している。今は調査状況を注視しているが、申し入
れの内容は、上部に伝える」と答えました。

Dscf13672

午後からは、中区三の丸にある国土交通省中部運輸局に出向き、日本
共産党愛知県委員会の国土交通大臣あて「リニア中央新幹線の工事中
止を求める要請書」を手渡し、要請しました。

もとむら伸子衆議院議員、すやま初美参議院愛知選挙区予定候補、わ
しの恵子県議、名古屋市議団から江上市議、藤井市議と青木が参加し
ました。

要請事項は、以下の2点です。

1.談合疑惑の全容を徹底解明する責任を果たすこと
2.JR東海に対して全容が明らかになるまで工事を中止するよう求める
  こと

参加者からは、

「談合疑惑があるなかで、そのまま工事が進められているのはおかしい」
「国土交通大臣が認可している工事。指導する権限があるはず」
「リニア工事を認可したのは国土交通大臣、国交省は建設業法でゼネコ
ンを指導する立場もあるはず。調査など責任を果たすべき」

との意見が出されました。

中部運輸局の担当者は「捜査中であり見守っていくという立場だが、指導
の権限はある。要請内容はしっかり本省に伝える」と答えました。

Dscn4536

« 「おかしいぞ!」談合疑惑、崩落事故、それでも進めるリニア工事 | トップページ | 明けましておめでとうございます 2018年 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事