« 県移管で国保料値上げ許さない | トップページ | 市営住宅のエレベーターにミラーがつきました »

2018年1月30日 (火)

学校司書で子どもたちが生き生き

共産党市議団が長年要望し、昨年からようやく実現した学校図書館
司書。

市内各区に1人ずつですが、西区は「なごや小学校」に配置され、先
日、わしの県議と一緒に司書さんのお仕事と子どもたちの様子を見
学させていただきました。

この日は1年生と特別支援学級で絵本の「読みきかせ」。節分の豆ま
きにちなんだ絵本を、表現豊かに読み聞かせる司書さんに、真剣に
聴き入る子どもたち。時折「わー!」「なんでー?」と歓声も。

Photo

「打てば響くような子どもたちの反応は素晴らしいです」と司書さん。

高学年には調べ学習のため、担任と相談しながら、図書室に無い本
は県立図書館や鶴舞図書館 から借りて来る仕事も。

子どもたちから読みたい本のリクエストを募って図書購入に活かした
り、図書の分類や展示には、ポップという掲示物を添えてオススメに
工夫するなどで、子どもたちの利用は毎日100人以上と増えています。
下の写真は、牛乳びんのフタを使った図書館利用ふだ。子どもたち思
い思いの絵が描きこんであり、青いポストに入れていきます。

Kimg0416_2

司書さんと校長先生に聞き取ったところ、
「子どもたちの読書や学習意欲が充実してきた」
「図書館をもっと充実させたいけど時間が足りない」
「学校司書をもっと増やしてほしい」
などの要望がありました。

名古屋市は現在16区に1人ずつ、小中学校のいずれかに配置。非常
勤職員で週に20時間以内、年700時間以内の勤務です。

政令市では学校司書配置が最後となってしまった名古屋市で、配置人
数も最小というスタートですが、今後は小中学校全校の配置をめざし、
司書職員の勤務時間の充実や処遇改善など、全体の拡充に向けてが
んばるべき時です。

Photo_2

« 県移管で国保料値上げ許さない | トップページ | 市営住宅のエレベーターにミラーがつきました »

経済・政治・国際」カテゴリの記事