« 2月定例会 教育子ども委員会 予算審議 | トップページ | 青木ともこ事務所ニュース4月8日号 »

2018年3月22日 (木)

「教育への不当な圧力ゆるすな」緊急シンポジウムのお誘い

いま大問題になっている名古屋市立中学校への文科省と自民党議員
による不当な介入。

2月16日、市立八王子中学校が、前川喜平文科省前事務次官を講師
に招いた公開授業を行ったことに対し、文科省が名古屋市教育委員会
に、執拗な質問をくり返し、前川氏に対する特定の評価や、なぜ講師に
選んだのかにまで及んで見解を求め、その質問文の作成には、自民党
議員が関わっていたことも判明しています。

日本共産党名古屋北西地区委員会は、教育現場に不当な介入を行っ
た文科省と自民党に厳しく抗議するとともに、この事態に、憲法と教育
基本法に照らしてどういう問題があるのかを明らかにし、どうして今回
のような問題が起こったのか、安倍政権による教育「改革」の歴史も振
り返りながら検証する緊急のシンポジウムを開催します。

4月7日(土)午後2時 名古屋市北区役所7階 大会議室
<パネリスト予定>
愛知教育大学名誉教授 折出健二氏
日本共産党参議院議員 たけだ良介氏


どなたもご参加いただけます。ぜひお出かけください。

お問い合わせ:日本共産党名古屋北西地区委員会 052-912-6096

Dy3vcifumaa_wx6

« 2月定例会 教育子ども委員会 予算審議 | トップページ | 青木ともこ事務所ニュース4月8日号 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事