« 名古屋城天守木造化 バリアフリー逆行の計画は見直しを | トップページ | 2018平和行進が名古屋に »

2018年5月31日 (木)

中学校道徳教科書 展示会6月8日から

小学校につづき、来春から中学校で「道徳」の授業が始まります。
今年は中学校道徳教科書の採択に向け、展示会が6月8日から、
西図書館はじめ市内7会場で開かれます。

横並び、画一化の傾向

今回選定される教科書は8社30冊。検定の段階から、学習指導
要領が定める「節度、節制」「思いやり、感謝」「愛国心」など22項
目(徳目)を満たさなければ合格せず、8社すべてが旧来の同一
教材を載せるなど、専門家からは、教科書の傾向に「総じて『横並
び、画一的』な印象が否めない」「22の徳目に答えを誘導させるも
のが多い」との指摘もあります。

Photo


内心の数値化が心配

また、文科省は道徳を教科化するにあたり、「数値で評価して子ど
も同士を比較、入試で活用はしない」としていましたが、8社中5社
の教科書は、3~5段階で生徒に「自己評価」させる欄をもうけて
います。
これには、「生徒自身に内心を数値で評価させるもので、子どもの
考え方を縛ることになりかねない」と懸念の声もあります。

反道徳的な出版社が道徳の教科書?

報道によると、今回初めて参入した「日本教科書」会社の代表は、
侵略戦争を正当化し、韓国を誹謗(ひぼう)中傷した『マンガ嫌韓流
』や、ヘイトスピーチ団体の元会長による人種差別的な著書も出版
していた「晋遊舎」の会長と同一人物であることがわかっています。

「日本教科書」は、2016年4月の設立当初、代表取締役は、安倍首
相の政策ブレーンであり、改憲・侵略戦争を美化する育鵬社版教科
書に関わってきた「日本教育再生機構」理事長の八木秀次氏。
昨年、小学校で採択された「教育出版」の道徳教科書も、日本教育
再生機構のメンバーが編集・執筆しています。

Photo_2
2018年4月3日付 日刊赤旗より

みんなで読み、意見を

日本共産党は、「国家が国民に特定の価値観を押しつけることは、
憲法が定める思想良心の自由に反する」として道徳の教科化に反
対してきました。
特にいま安倍政権のもとで、「個人」よりも「国家」、「個人の発達」よ
りも「社会が求める人材育成」へと、教育の本来の目的がゆがめら
れ、教育統制の動きが強まっているだけに危険です。

展示会では教科書を閲覧して、その内容について意見を出すことが
できます。
子どもの年齢にふさわしい内容か、科学的な視点か、型にはまった
心や行動の押し付けになっていないか、課題解決が誘導的でないか
など、この機会に教科書を見て積極的に意見を出しましょう。

会場:西図書館 教科書センター 052-521-1451
期間:6月8日(金)~7月2日(月)
時間:図書館の開館時間中 月曜休館

« 名古屋城天守木造化 バリアフリー逆行の計画は見直しを | トップページ | 2018平和行進が名古屋に »

経済・政治・国際」カテゴリの記事