« 「リニアありき」大深度地下工事説明会に参加して | トップページ | 中学校道徳教科書 展示会6月8日から »

2018年5月22日 (火)

名古屋城天守木造化 バリアフリー逆行の計画は見直しを

名古屋城木造新天守には、エレベーターを設置しないという河村市長と
名古屋市に対し、障がい者の方々から抗議の声が絶えません。

団体からの要請を受けて「障がい者の人権に関わる重大問題。計画の
再考を」と、愛知県大村知事が市長に強く要望したことをはじめ、21日
には、市役所前で障がい者の方々約150人が参加し、4時間をかけて
抗議の声をあげ、市長に抗議文を提出しました。

Yjimage

河村氏はこの日の記者会見で、「なるべく上まで上がれる挑戦をする」と、
「クレーン車」を使った新技術で、などと説明しました。
”背負子”の次は”クレーン車”です。
しかも、5月15日の市議会委員会で当局は、エレベーターに代わる新技
術は現時点では”無い”と答弁しています。

高齢者や障がい者をはじめ、すべての市民にやさしいまちづくりをめざす
名古屋の方針はもちろん、誰にでも天守閣を見てもらおうという趣旨から
も、まったくかけ離れた計画に市民の理解を求めるのは無理というもので
す。

バリアフリー問題一つとっても、容易に解決できない「2022年天守閣木造
化」は、いったん立ち止まり、現天守閣の耐震改修も含めて再検討する事
を、日本共産党は強く求めます。

X

« 「リニアありき」大深度地下工事説明会に参加して | トップページ | 中学校道徳教科書 展示会6月8日から »

経済・政治・国際」カテゴリの記事