« 【市議団市政ニュース】教育子ども委員会 請願審査など | トップページ | 明けましておめでとうございます2019年 »

2018年12月29日 (土)

誰もが安心して年越しを迎えられるように、、越冬支援の現場へ

第44回越冬支援活動「いのちを守るたたかい」が、28日から中区三の丸の大津橋小園で行なわれています。 住まいの無い方などに、年末年始にあたたかい食事の提供と炊き出しと、夜回り、医療・生活相談などが行なわれます。 越冬実行委員会は、笹島診療所や、名古屋夜回りの会、福信館炊き出しの会、名古屋炊き出しの会など16団体が実行委員会を構成しています。 西区の共産党後援会が、ニュースなどで物資の提供を呼びかけたところ、お米や防寒着など多数が寄せられ、初日の午後、わしの県議とともに越冬支援の会場へ届けてきました。 集まっている皆さんは、世間話をしながら焚き火を囲んでいました。 また、大きな寸胴なべではお湯やほうじ茶が沸かされ、横では豚汁が良い匂いを漂よわせていました。 初日は北風が吹きすさぶ冷たい日で、年末年始も冷え込みが予想されます。 どうか暖かくして、元気で年越ししてくださることを祈っています。

Img_13362

Img_13402

Img_13422

« 【市議団市政ニュース】教育子ども委員会 請願審査など | トップページ | 明けましておめでとうございます2019年 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事