« 「F35A戦闘機の試験飛行はやめよ」墜落事故を受けて緊急申入れ | トップページ | 参院選勝利へ猛ダッシュ! »

2019年4月25日 (木)

日本共産党名古屋市議団は公約実現に全力をあげます

日本共産党名古屋市議団は4月22日、2019年度の市議団役員を発表しました。

団長      田口  一登(天白区)
幹事長     江上  博之(中川区)
政審委員長    岡田 ゆき子 (北区)
会計責任者   さはし あこ(緑区)
広報委員長   さいとう 愛子(緑区)

P1040786


  引き続き団長となった田口一登議員は記者会見で、次のような抱負を述べました。

私たちが市議選で訴えた政策は、有権者の気持ちにかみあったものだったと思っています。消費税増税問題では、自民党の萩生田幹事長代行が10月からの10%増税について延期の可能性もありうるとの考えを示しました。政権与党の中でも増税への動揺が始まりました。増税を断念に追い込むたたかいをすすめ、市議選後初の定例会となる6月議会では、10月からの消費税10%増税中止の意見書を国に提出できるよう、他会派にも働きかけていきたい。

選挙戦では、「国民健康保険料の値上げを許さず、大幅に引き下げる」「小学校給食の無償化」「子どもの医療費無料化の18歳までへの拡大」「敬老パスは利用制限を設けず、私鉄やJRへの利用拡大」「介護保険料の引き下げ」などの公約を掲げてたたかいました。これらの公約実現に、市民のみなさんと力を合わせてがんばります。議員報酬については、800万円に戻し、新たな報酬額は市民参加の第三者機関で議論して決めるという立場を堅持します。

河村市政にたいしては、個々の政策課題では一致できる点を探求しつつ、今後も正面から対決していきます。それは、河村市政がリニア関連開発や中部国際空港2本目滑走路建設、天守閣木造化などの大型事業に熱中し、介護保険料や国保料の値上げ、学校給食・保育園・図書館などの民営化・民間委託を推進するなど、安倍政権に直結する政治を進めているからです。ただ、このことは広範な市民の共通認識とはなっていません。河村市政の本質を市民にわかりやすく伝える議会論戦に努力します。

以上

私青木はちからおよばず、議席を失いましたが、みなさんにお約束しました、くらし・福祉・子育てなど地域の切実な要求実現、そして、来るべき参議院選挙で地方政治をゆがめる安倍政権を追い込むために、ちからを尽くす決意です。

« 「F35A戦闘機の試験飛行はやめよ」墜落事故を受けて緊急申入れ | トップページ | 参院選勝利へ猛ダッシュ! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事